挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月17日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

794/4820

共和国を守る盾

《サイド:岸本克也》

「…全員の魔力が尽きたか…」

最後の抵抗を試みたことで、
仲間達は魔力を失ってしまったようだ。

もはや意識を保っている者のほうが少数だろう。

誰もが大地に膝をついてうずくまってしまっている。

ここが限界だ。

今となってはもう歩くことさえままならない。

そしてそれは私も同様だ。

魔力が底を尽いてしまって意識も薄れようとしていた。

だが…。

このまま諦めてしまうようでは司令官としての名がすたる。

仮にも国境警備隊の司令官として戦場にいるのだ。

たとえ戦えないとしても、
最後まで果敢に立ち向かう覚悟だけは見せ続けなければならない。

それが私が私であるということなのだ。

「この命がある限り!この先へは一歩も通さん!!!」

最後まで意地を張り通してみせる!

「私の名は岸本克也きしもとかつや!アストリアの進軍を防ぎ!共和国を守る盾だ!!例えこの身が朽ち果てようとも、決して共和国に手出しはさせんっ!!!」

この身を盾として仲間を守ってみせる!!

その誓いを宣言した直後に…

『ドスッ!!!』と、一本の矢が俺の胸に突き刺さった。

「ぐ…ぅっ!?」

続々と放たれる矢が次々と突き刺さる。

「がっ…あ、あっ…!!」

口から血が溢れ出す。

どうやら内蔵がやられてしまったようだ。

だが、この程度で倒れるつもりなどはない!!

「守ると、誓ったのだっ!」

木村副隊長が戦線を離脱するまで決して死にはしない!

「私は、国境を守護する者だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

『ドスドスドスッ!!!!』

「が、は、っ!?」

次々と放たれる鉄の矢が俺の体を突き抜けていく。

射抜かれた体から流れ出す血が大地を染める。

だがそれは周囲の仲間達も同様だろう。

果敢に戦った仲間達も、鉄の矢という冷たい雨を受けて次々と人生を終えてしまう。

そして…。

「ぐ、ぅっ!!」

一本の矢が、俺の心臓を貫いた。

「がはっ!?」

く、鞍馬様…!

米倉様…っ!

すみません…。

私は…ここまで、です…っ。

「それでも…っ」

残された気力を振り絞って、最後まで使命を全うしようと思う。

「…共和国に…勝利を…!!」

それが最後の言葉だっただろう。

数え切れないほどの矢を受けた私は…

ついに意識を手放して崩れ落ちてしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ