挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

79/4820

おいてけぼり

《サイド:鈴置美春》

「総魔はまだ会場にいるの?」

「さあ?今はどうか知らないけど、動いてないならまだいるんじゃない?」

あいまいな返答だと自分でも思うけど知らないことは答えようがないのよね。

それでも翔子は私が質問に答えた直後に飛び出すように医務室を出ていったわ。

そして、そのあとすぐに。

「待って、翔子。私も行くわ」

走り去る翔子を慌てて追い駆ける常盤さんも医務室を退室してしまう。

………。

翔子と常盤さんは二人共、
検定会場に向かって走り去っていったようね。

その結果として。

私は一人だけ取り残されることになってしまったわ。

「聞くだけ聞いて、私はおいてけぼりなわけね」

ため息混じりに呟いてみたものの。

いまさら後を追う気にもなれなかったから大人しく仕事に戻ることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ