挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月17日

785/4820

一人一殺

《サイド:米倉美由紀》

う~ん。

なかなか思うようにいかないわね。

時間的には、そろそろ午前1時を過ぎた頃かしら?

日付をまたいでの2時間にも及ぶ激しい戦いだけど、
それでも私達はまだ砦の内部に侵入出来ずにいるわ。

四方の門に突撃する部隊の中で、
最も人数が少ない私の部隊が苦戦するのは仕方がないと思うけれど。

1万ずつの魔術師を抱える他の部隊でさえも門を突破出来ずにいるみたい。

「まだどこも突破出来ないのっ!?」

焦りを感じて何度も叫んでみる。

だけど返ってくる答えは同じだったわ。

「敵軍の勢いが強すぎて防戦を行うのが精一杯です!!」

「防壁の上からの投擲とうてき部隊の攻撃も激しくて、とても接近出来ません!!!」

「敵の前衛部隊が前進してきますっ!!」

次々と大声で叫ぶ兵士達の声は焦りに満ちていたわ。

そしてついに…。

焦りは不安に変わってしまったのよ。

「突撃に失敗!こちらの先陣が壊滅!!敵部隊が接近しています!!!」

なっ!?

ちょっ!?

嘘でしょ!?

一体、どうなっているのよ!?

10万のアストリア軍と言っても正規兵はたったの一万しかいないのよ!?

それなのにどうして押し負けるのよっ!?

「くぅぅっ!!寄せ集めと思って甘く見ていたのに、とんでもないわね」

完全に予定が狂ってしまったわ。

こんな展開になるなんて考えてなかったのよ。

最初から兵数の少なさに関しての不安はあったけれど。

それでも一般人と魔術師では明らかに魔術師が有利なのよ?

瞬間的な火力が桁違いなんだから、
まともにぶつかり合えば押し負けるなんてありえないわ。

それなのに。

現実は違っていたのよ。

およそ2500の正規軍と寄せ集めのはずの一般人が2万人。

城壁の上から弓を構える者達も含めると総勢3万弱でしょうけど。

攻め込んでいるはずの共和国軍がアストリア軍の猛烈な反撃を受けて押し戻されようとしているのよ。

ついつい唇を噛み締めてしまうわね…。

「うわぁ。何なのよ、これ」

言いたくなる気持ちはわかるわ。

どうやら翔子も戸惑っているようね。

翔子が戦場で見たもの。

それは『死を恐れず』に特攻してくるアストリアの兵士達よ。

10万もの数を揃えて砦という強固な防壁を持っているアストリア軍なのに、
防衛に徹するどころか死を覚悟のうえで特攻を行ってきているの。

普通に考えればアストリア軍が優勢で、
命懸けの特攻なんてする必要はないはずなのに。

『命懸け』というのならそれは人数の少ない共和国軍のほうであって、
アストリア軍は防戦さえ行っていれば良いはずだったのに。

それなのに彼らは死を恐れずに無茶な特攻を繰り返しているのよ。

こんな展開は想像もしていなかったわ。

本来なら命懸けの『特攻』なんて行う必要なんてないはずなのよ。

そもそも死んでもいいなんて考えを持っていることが異常なの。

なのに決死の突撃を行うアストリア軍の猛攻によって共和国軍は押し返されてしまっているわ。

ほとんどが寄せ集めの一般人のはずなのに死ぬ気で攻撃を仕掛けてくるからよ。

…これはもうあれよね。

『一人一殺』

自分の命と引き換えに魔術師を仕留めることを目的としているようにしか思えないわ。

だからこそ翔子も戸惑っているのよ。

どうしてそこまで命を懸けることができるのか?

どうして戦争に参加して死の特攻を行っているのか?

なんて…ね。

おそらく翔子には理解出来ないはずよ。

包丁や草刈り鎌というとても武器とは呼べない武器を手にしてるアストリアの兵士達。

それでも彼らは死を覚悟の上で共和国軍に突撃してくるのよ。

その気迫には鬼気迫る迫力があるわ。

「何でよ…。何でそこまでっ!?」

状況が理解できずに叫ぶ翔子だけど、
その問い掛けに答えてくれる者なんてどこにもいないわ。

容赦なく振り下ろされる刃が、
動きを止めている翔子にも襲い掛かるだけでしかなかったのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ