挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

781/4820

偽装

ここまでは順調です。

ですが、ここからが問題になります。

「このままでは巡回の兵士達に穴が見つかります!」

「大丈夫だ。すぐに塞ぐ」

焦る栗原さんが慌てる隣で、
天城さんは冷静に穴へと手を伸ばしてからルーンを発動させました。

瞬間的に光り輝く剣が現れます。

私も天城さんのルーンを見るのは初めてなのですが、
神剣を構えた天城さんは何らかの力を発動させようとしています。

「クリエーション!」

掘り進めた穴に向けて展開される魔術。

魔術が発動した直後に煌めく光りが放たれて、
侵入の為に開いたはずの穴が一瞬にして復元されました。

「穴が消えた!?」

驚く栗原さんですが、それは私と三倉さんと琴平さんも同様です。

魔術は破壊に特化しているために消し去ることは簡単なのですが、
元に戻すということはできないはずだからです。

何もない空間を土で埋めるなどということは決して出来ません。

存在しないものを作り出すということはできないからです。

「…すごい…」

私も素直にすごいと感じました。

特に何も言わずに無言で地面から神剣を引き抜いた天城さんは、
侵入の証拠を消し去ったことでルーンを解除しています。

「物質の再構築が可能なのですか!?」

驚きのあまり、慌てて問いかけてしまいました。

破壊に関する魔術は星の数ほどありますが、
復元出来る魔術など今まで見たことがないからです。

だからこそ驚いてしまったのですが、
天城さんは極々冷静に答えてくれました。

「魔力を凝縮ぎょうしゅく擬装ぎそうして再現しているだけだが、それでもほぼ同一のものと言えるだろう。さすがに生命に関わる魔術は存在しないことで生物を作り出すことまではできないが、この程度なら何とか出来る。」

物質の再現ですか。

素晴らしい能力ですね。

「復元の能力は初めて見ました」

「精霊を作り出すのと同じようなものだ。自然現象を魔力で構築する能力があるのなら大地を復元するのは難しくはないだろう」

ああ、なるほど。

精霊の理論の応用ですか。

それなら理解できなくもありませんね。

ですが、とても難しいことだと思います。

そのような技法は今まで聞いたことがありませんからね。

「もしもそれが可能だとすれば、あらゆる金属も増殖できるのではないですか?」

例えば金などですが。

「いや、無理だろうな。無理にやろうとすれば風化するか化石化するくらいだろう。そもそも復元はあくまでも元に戻すという考えだ。大地に干渉して土を戻すくらいは出来るが、それだけでしかない。決して増やしているわけではないからな。」

「それでは、増殖かあるいは増加は不可能ということですか?」

「復元では無理だな。作成そのものは別の方法で出来るかもしれないが、出来上がるのは偽造品でしかない。100%本物というのは無理だろう。元が魔力だからな。幻術に近い誤魔化しになるだけだ」

ああ、幻術ですか。

確かにそうかもしれませんね。

「それでも凄いですよ」

「あくまでも魔術で再現した偽物に過ぎないから、魔力が消失するか、解呪系統の魔術の影響を受ければ消失するはずだ」

「なるほど。そういう欠点はありますか」

「ああ。だが、復元した物質は解呪でも消えない。そもそもそこにあるものだからな。」

ふむふむ。

色々と法則があるのですね。

増殖は元が魔力だから解呪で消え、
復元は元が物質だから解呪で消えないということでしょうか?

どちらも魔術的に行っているとは言え、
媒体の有無によって結果が変わるということなのかもしれません。

わかりやすく言うなら回復魔術の治療した傷が解呪で再び悪化することがないという理論でしょうか。

人体を治療するのと同じように、
大地も治療したという考えであれば復元の能力は理解できるような気がします。

「なんとなくですが理解できたような気がします」

「そうか。それならいいが…」

感心する私から視線を背けた天城さんは王都の内部を見回しました。

「ここで立ち止まっている暇はないからな。問題の兵器がどこにあるのかを調べるぞ」

ええ、そうですね。

天城さんの指示に頷きます。

「行きましょう」

無事に王都の内部へと潜入することに成功した私達は急いで夜の王都を移動することにしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ