挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

771/4820

最高位の魔術医師

《サイド:常盤沙織》

理事長と琴平学園長の2人がそれぞれの馬車を移動している間。

私達は薫の案内で学園内の会議室を目指して移動することになりました。

4階建ての校舎の4階にある会議室です。

その一室に向かう途中で隣を並んで歩く薫に話しかけることにしました。

「ねえ、薫。ちょっと相談があるんだけど、聞いてもらってもいいかしら?」

「ん?何?私で良いなら聞くわよ」

「ありがとう」

お礼を言ってから、先ほどの休憩で龍馬から預かっていたノートを鞄から取り出します。

「この部分なんだけど…」

「ん~?」

差し出したノートを受けとった薫は、すぐに内容を確認してくれました。

「これって…眼の治療法?」

そう記されているからそうなのだと理解したようですね。

ですが、その一文がなければ何の理論なのか分からなかったかもしれません。

幾つもの理論を連ねて構築された理論だけを見れば、
それが何の為の理論なのかさえも理解出来ないほど複雑な魔術構成だからです。

「う~ん。理論そのものは理解出来なくもないけど、これを実際に使おうと思うと相当難易度が高いかも」

「実現不可能ということ?」

「そこまでは言わないわ。理論上は正しいと思うし、有効的な方法だとも思う。きちんと理論通りに発動出来れば治療出来なくはないはずよ。だけど完璧に実践出来るかどうかは正直に言って自信がないわね。そもそも仮説だけで実験記録がないから発動出来ても効果があるのかどうかは不明なわけだし、意味があるかないかは実際にやってみなければ何とも言えないわ。でも、これはちょっと…厄介ね。」

薫は天城君の記したノートを読み直して小さくため息を吐いています。

「誰の理論か知らないけど、これを考えた人はとんでもない天才ね。普通の医師なら考えもしないと思うわ。補足まで加えた詳細な方法が記されてるけど、指示通りに実践しても私だと使いこなせる自信がないわ。私が思うに、これを使えるのは理論を考えた本人か…あるいは馬鹿な兄貴くらいでしょうね」

「お兄さん?」

「そうそう。私の兄貴はね。色んな意味で馬鹿だけど、実力は凄くあるのよ。」

実力はあるのに、馬鹿ってどういう意味でしょうか?

「本当は私以上の実力があるくせに、私を1位にしたいだけの理由でわざと出来ないふりをしてるの」

ああ、なるほど…。

それはちょっと変わったかたですね…。

「才能というか技術的な部分を見れば学園長さえも上回ってると思うわ。たぶん、兄貴が本気になれば、きっと共和国で最高位の魔術医師じゃないかな?」

最高位の魔術医師…ですか。

薫がそう言うのなら疑うことはしませんが、
それはつまり私が尊敬する神崎慶一郎さんと同格ということです。

本当にそうだとすればとてもすごいことだと思うのですが、
実際にお会いしたことはないので何とも言えません。

ですが天城君のように突出した才能を持つ人が他にいても不思議ではないと思いますので、
自信を持って答える薫の言葉を聞いて私は質問を続けました。

「確かお兄さんも、この学園の生徒だったわよね?」

「ええ、そうよ。でも、今はいないわ」

「え?そうなの?」

「ええ。少し遠くに出掛けてるから」

外出中だと答えてから薫は足を止めました。

「着いたわ。ここが会議室よ」

薫の視線が示す先には、会議室と書かれた扉があります。

遠慮なく扉を開いた薫は会議室の中へと歩みを進んで行きました。

夕暮れの陽射しが差し込む会議室。

無人の部屋に入り込んだ薫は私達を室内に招いてくれました。

「とりあえず適当に座って待ってて、すぐに学園長達もくるはずだから」

こうして道案内役を終えた薫ですが、
再び私に話しかけてくれました。

「ねえ、沙織。このノートは私が借りてても良い?」

「え、ええ、良いけれど…。」

天城君に無断で借りているノートを貸し出すということに対して少し罪悪感は感じます。

ですが私達の事情を知らない薫は、
ノートを片手に持ったまま話を続けました。

「色々と事情があって私は戦争に参加できないから、ここで待ってる間に仮説の理論を実際に使えるように研究を続けておくわ。これからどうなるかは分からないけれど、ひとまず戦争が終わって沙織が帰ってくるまでには完成させておくから、その間だけ借りておくわね」

戦争の間だけ…なら良いのでしょうか?

事後承諾になってしまいますが、
あとで天城君には謝ろうと思います。

「えっと、あまり汚さないように気をつけてね?」

「大丈夫よ。治療法の部分だけ書き写して、ノート自体は保管しておくから心配しないで」

それなら安心ですね。

研究を続けると言ってくれた薫は会議室を出ようとしています。

ですがすぐに足を止めました。

「ああ、そうそう。大体の話は聞いてるけど、あなた達の捜してる人はもうこの町にはいないわよ」

私達が捜している人?

それはつまり、天城君のことでしょうか?

「総魔がどこに行ったのか知ってるの!?」

薫の言葉に反応する龍馬達の中で、真っ先に翔子が聞き返していました。

ですが薫は詳細を教えてはくれませんでした。

「…あ~、うん。まあ、一応…ね。」

言葉を濁した薫は、結局何も答えないまま会議室を出て行ってしまいました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ