挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

761/4820

懐かしき故郷の地

《サイド:天城総魔》

徹と愛里が出かけたあとで三倉も出かけていった。

その結果として俺と朱鷺田だけが残ったのだが、
朱鷺田も部屋を出て行くつもりのようだ。

「私も少し出掛けてきます」

「ああ」

朱鷺田を見送ってから俺も席を立つことにした。

だが、外に出ようとは思っていない。

今は食事という気分ではないからな。

一人で部屋に残り、静かに窓際に歩みよる。

そして平和な町並みを見渡しながら、
懐かしき故郷の地をただただ無言で眺め続けることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ