挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

760/4820

鈍感?

《サイド:三倉純》

うんうん。

僅か数時間の休憩だけど。

それでも心を休める時間が出来たことで、それぞれの心に余裕が生まれたようね。

笑顔を浮かべる栗原君は、
お腹を押さえながら出口に向かって歩きだしたわ。

「さすがに徹夜明けでお腹が空いたので、朝食を食べてきます」

「あ、私も行きます!」

部屋を出ようとする栗原君を愛里ちゃんが即座に追い掛けてる。

これも青春よね~。

羨ましいわ。

「頑張れ~!」

駆け足で追い掛ける愛里ちゃんを笑顔で見送ってあげたのよ。

「…ぁぅ…。」

顔を赤く染める愛里ちゃんだけど。

話の流れを理解出来ない栗原君は不思議そうに首を傾げていたわ。

そして愛里ちゃんの気持ちに全く気付かないまま、愛里ちゃんに視線を向けてる。

うわあ~。

ホントに分からないのかしら?

鈍感なの?

それとも興味ないの?

栗原君の考えは分からないわ。

だけど恥ずかしそうな表情の愛里ちゃんがちょっぴり可哀想よね。

いい加減、気づいてあげればいいのに、って思うけど。

栗原君に追求する気がなさそうなのよね~。

「行きましょう」

自然な動きで愛里ちゃんの手をとって歩き出す栗原君によって、
愛里ちゃんは再び真っ赤になってる。

それでも栗原君は愛里ちゃんの気持ちに気付かないまま朝食に出掛けてしまったわ。

…う~ん。

これも青春かな?

ままならない二人の関係を楽しげに見守ってみる。

そうして徹と愛里がいなくなってから私も席を立つことにしたわ。

「せっかくだから、私もご飯を食べてくるわね~」

気分転換を兼ねて、今回は一人で出掛けることにしたのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ