挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

757/4820

もうひとつの戦い

《サイド:鈴置美春》

ふう…。

どこもかしこも慌ただしいわね。

でも、まあ、こうなるのも仕方がないのかな?

状況が状況だしね…。

それでもとりあえずは今日も医務室に出勤することにしたわ。

他に行くところもないし。

特にやりたいこともないし。

いつもと同じように医務室に向かうことにしたのよ。

時刻は午前7時を過ぎたところね。

将来は薬剤師を目指すっていう目的を持っているから、
毎日、欠かさず医務室に通ってるのよ。

そうして救急班としての経験を積み重ねながら、
医師の指導を受けて薬学を学んでいたの。

でもね?

今日からはもうそれが出来ないみたい。

理由はまあ、明白よね?

戦争が始まるからよ。

学園に勤務してる殆どの医師が海軍に合流することが事前に決まってたらしいわ。

私がその事実を知ったのはついさっきだけどね。

もちろんほとんどの生徒が何も知らなかったようだけど。

魔術師ギルドや学園の教師、
それに魔術医師の多くは昨日の時点で事前に通達を受けてたみたい。

戦争への参加そのものは自主性に委ねられるものだったらしいけど。

私にとって教師と呼ぶべき医師が揃っていなくなってしまったのよ。

そのせいで勉強が出来なくなってしまったのよね…。

「本当に戦争が始まるの?」

全くって言ってもいいくらい考えたこともなかったから、
救急班のみんなに確認してみたわ。

「みたいね~。志願者を集めてるらしいわよ」

「参加希望者は港に集合って話だよね?」

「そうそう。もう学園中で噂になってるみたいよ」

うわぁ~。

すでに噂が広がってるのね…。

何も知らなかった私は驚きと恐怖を感じてしまったわ。

ごく普通の平凡な日々が突然失われてしまったからよ。

そしてそれは同時に私の運命も左右してしまうことになる状況だったわ。

「それで?美春はどうするの?」

…どうするって聞かれてもね~。

どうしようもなくない?

救急班の仲間の問い掛けに、
どう答えるべきか悩んでしまったわ。

戦争に参加するっていうことは、
当然、戦場で戦うっていうことよね?

誰かを殺して生き残るっていう話よね?

それって命の奪い合いよね?

それはもう私には想像出来ない世界だったわ。

もちろん攻撃魔術を学んではいるけど。

でもそれは自衛の手段であって、
戦闘を考慮してるわけじゃないのよ。

だからそこそこの成績でしかないし。

翔子には到底及ばない実力なのよ。

それにね?

根本的な問題として私は医師であって戦士を目指してるわけじゃないの。

だから本物の戦闘なんて経験したくないし、
痛い思いなんてしたくないわ。

だから参加するなんて言えなかったのよ。

これでも一応、傷ついた人々を救う為に医師を目指しているのよ?

そんな私に殺し合う為の戦争に参加する勇気なんてこれっぽっちもないわ。

「どうもこうも、そんな危険な場所に参加なんて…」

「まあね~。」

したくないって言おうとした私の言葉を遮るかのように、
女子生徒の一人が自分の意見を口に出したわ。

「戦争に負ければ私達も無事ではすまないでしょうけど、だからって戦争に参加して殺し合うっていう気にはなれないわよね」

…ええ、そうね。

彼女の意見に同調する生徒は私の他にも数多くいたように思えるわ。

だけど、そうじゃない生徒もいたわ。

「それも一つの意見だとは思うけど、それでも僕は参加するよ。そもそも殺し合うだけが全てじゃないからね。傷ついて倒れた人達を救うことも立派な戦いだと思うんだ」

…ああ、そうね。

そういう考え方もあるわね。

勇気を持って発言した男子生徒は私も知ってる人物だったわ。

彼の名前は斎藤和義さいとうかずよし

救急班の中でも正義感が強くて、
例え相手が誰であろうと区別せずに救いの手を差し延べることに情熱を注ぎ込む男子なのよ。

そんな彼の意志に賛同する生徒は他にもいたようね。

「そうですよね~。私は賛成です」

元気よく立ち上がったのは野坂瑞希のさかみきちゃんだったわ。

私の後輩で、なかなか優秀な子なのよ。

「まあ、僕も、かな」

控えめに賛同したのは小暮君ね。

瑞希ちゃんの後輩の男子よ。

私にとっては3人とも仕事仲間だからそれぞれの気持ちは理解できるわ。

だから、かな?

上手く言葉にできないけれど、
衝動的に心が揺らいじゃったのよ。

「…そうね。」

次に呟いたのは私だったわ。

「良いと思うわ。そういう考え方もね」

自分にも出来ることがあるって気づけたから、私も決断したのよ。

傷ついた人達を助けたいっていう想いはみんなと同じだったから…。

「私も行くわ。そういう戦いも必要だと思うから」

戦争に参加することにしたのよ。

そんな私の決意を聞いて驚く不参加の仲間達。

それでも私は覚悟を決めて斎藤君に話し掛けることにしたわ。

「行きましょう。そこに傷ついた人がいるのなら、私達が参加することにはきっと意味があるはずよ」

「ああ、僕もそう思うよ」

私の言葉に斎藤君は頷いてくれたわ。

そして医務室を出ようとする私達だったけど。

その前に追い掛けてくる足音が聞こえてきたわ。

「ったくぅ…。放っておくと心配だから、私も付いて行ってあげるわ」

追いかけてきたのは森下千夏もりしたちなつ

私にとっては救急班の仲間なんだけど、
長年共に学園生活を送ってきた親友でもあるのよ。

「ありがと、千夏」

微笑む私と千夏、そして斎藤君が医務室を出ようとしたところで
私達の意志に同調する仲間達がぞろぞろと追い掛けてきたわ。

「俺達も参加するぜ!」

斎藤君を信頼する男子生徒達が集まってた。

さらに一部の女子生徒も私の覚悟を感じとってくれたのか、
参加の意志を見せてくれたのよ。

まあ、集まった人数は10人ちょっとだけどね。

その中にはもちろん瑞希ちゃんと小暮君もいるわ。

まだ医務室に来てない仲間も学園には沢山いるけれど。

ほとんどの生徒は残ることを決めたようね。

だけどそれはそれで良いと思う。

死を恐れるのは誰でも当然のことだし。

参加しないって決めることも大事な決断だと思うからよ。

他の誰かを守って自分が死ぬなんて笑い話にもならないわよね?

だから私は残ることを選んだ仲間達に笑顔を見せてから挨拶をすることにしたのよ。

「じゃあね。みんな、元気でね」

不満なんて感じさせない笑顔を見せておくように心がけたわ。

こうしておかないと、
残ったみんなの心に嫌な思いが残ってしまうからよ。

戦わないことが悪いことだなんて思いたくもないし思わせたくもないの。

生きてこそ未来があるからよ。

そう思うから前向きに別れようと思ったんだけど。

私の笑顔を見た仲間達は私達に向き合ことことが出来ずに自然と視線を逸らしていたわ。

…う~ん。

やっぱり嫌味に聞こえたのかな?

そんなつもりはないんだけど。

私がどう思うかじゃなくて相手がどう感じるかよね?

でもまあ、別にいいかな?

何が正しいのかを決めるのは、結局自分なんだし。

私が悩む必要はないわ。

「ばいばい」

別れの言葉を残して背中を見せる。

その後。

覚悟を決めた仲間達と共に学園に別れを告げてから港に向かって歩きだしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ