挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

752/4820

頼りになる兄

《サイド:米倉美由紀》

…さて、と。

深海さんが合流したそのあとに、
御堂君と北条君の2人も揃って到着したわ。

「わりいな。待たせたか?」

問い掛けてくる北条君に続いて。

「おはようございます」

御堂君が挨拶をしてくれたのよ。

うんうん。

みんな元気そうね。

「おはよ。2人とも、調子はどう?」

「俺はいつでも絶好調だぜ!」

「僕ももう大丈夫です」

問い掛けた私に、二人は揃って笑顔を見せてくれたわ。

何だかんだで魔術大会の翌日なんだけど。

みんな疲れてる様子はなさそうね。

とりあえず、まだ来てないのは翔子だけということになるわ。

「あとは翔子だけね」

そう思った直後に。

元気な笑顔を見せてくれる御堂君達から少し遅れて、
最後に翔子が駆け寄ってきたわ。

「おはよ~!!」

元気一杯の笑顔に見えるわ。

翔子は今日もいつも通りね。

「はあ~。間に合ってよかった~。」

軽く挨拶を交わしながら歩みを進める翔子は
集合時間に間に合ったことを安堵している様子だったわ。

「朝早く起きるのって苦手なのよね~」

「時間ギリギリだったな」

苦笑いを浮かべる翔子に、
北条君が時間を確認してから話し掛けていたわ。

「ごめんごめん。ちょっと色々とやりたいことがあって、あれもこれもって考え事をしてたら寝るのが遅くなっちゃったのよね~。何だかんだで気が付いたらもう4時だったわ」

ふふっ。

翔子らしい行動ね。

何をしてたのかは知らないけれど。

笑顔で言い訳をする翔子を眺めていた北条君は、今度は御堂君に話し掛けていたわ。

「それにしても、今回は見送りがなさそうだな」

「ああ、そうだね。時間も時間だから、みんなまだ寝てるか、食堂にいるんじゃないかな?」

…まあ、そうでしょうね。

時刻は6時丁度よ。

あちらこちらで、すでに行動している生徒の姿も見えるけれど。

見覚えのある生徒の姿はどこにもないわ。

周囲を見渡してる御堂君達も知り合いの姿が見つけられないようだけど。

時間的に考えて行動してる生徒の方が少数でしょうね。

どちらかと言えば、
生徒よりも校舎に向かっていく教員の方が多いくらいかしら?

その教員にしても、
私だって全て把握できてるわけじゃないけどね。

ざっと数えても数千の教員がいるのよ?

全員の顔と名前を覚えるなんて出来るわけがないわ。

まあ、無理に覚える必要もないんだけどね。

ひとまず今は全員が揃ったことで、みんなに話し掛けることにしたわ。

「それじゃあ、みんな揃ったことだし、そろそろ出発するわよ!」

「は~い!」

馬車に乗り込む私に続いて、
元気良く返事をしてくれた翔子が真っ先に馬車に乗り込んでいく。

そのあとに続いて、沙織と深海さんも馬車に乗り込んでいたわ。

そして順番に馬車に乗り込む御堂君と北条君を横目に見ながら、
近藤誠治と大悟に後を託すことにしたのよ。

「あとのことは頼むわね」

真剣な表情で告げたことで、二人は大きく頷いてくれたわ。

「国内のことはお任せ下さい」

近藤誠治は礼儀正しく一礼してる。

「戦場は違うが、同じ志を持つ者同士として最後まで全力を尽くすつもりだ」

大悟も真剣な表情で応えてくれたわ。

「親父さんのことは俺に任せておけ。あの人は俺にとっても父親同然の存在だからな」

ええ、そうね。

期待しているわ。

お父さんに師事して私と共に魔術を学んだ大悟にとって、
私は妹で、お父さんは父親と呼べる存在らしいわ。

私としても大悟は頼りにある兄っていう感じかしら。

だからこそ他の誰よりも大悟のことは信頼してるつもりよ。

「お願いね」

「ああ、任せておけ。それよりも俺の知らないところで勝手に死ぬなよ?」

「もちろんよ。必ず生きて帰ってくるわ。これはその為の戦争よ」

死ぬつもりはないし。

負けるつもりもないわ。

やるからには絶対に勝つし。

生きて帰るつもりでいるのよ。

「それじゃあね。」

手綱を強く握り締める。

「必ず帰ってくるわ」

力強く宣言してから馬車を走らせることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ