挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

750/4820

答えの出ない問題

「おはようございます」

一番最初に合流したのは沙織だったわ。

「あら、早かったわね」

微笑む私に、沙織は礼儀正しく一礼してくれる。

「あまり長く居すぎると決意が鈍ってしまう気がしましたので、早めに出てきました」

ああ、なるほどね。

その気持ちは理解できるわ。

沙織の言葉を聞いたことで、
またため息を吐きたくなってしまったわね。

家族との別れ。

そして命を失う覚悟。

沙織も死を受け入れる覚悟を決めて戦争に向かおうとしているからよ。

その気持ちを察してしまったせいで、
どうしても落ち込んでしまうわね。

私の力で守り切れるのかしら?…ってね。

答えの出ない疑問を考えてしまうからよ。

沙織や天城君を含めた生徒達。

みんなの命を守りきれるのかどうか?

正直に言えば自信なんてないわ。

そもそもの前提として私自身も生き残れる保証なんてどこにもないからよ。

…と言うか。

状況次第では死んだほうがましかもしれないけど…ね。

捕虜となって人質にされるのはごめんだし。

女性として最悪の展開に直面するのは避けたいと思うわ。

ただ、それでも学園を代表する人間として、
せめて生徒達だけでも守りたいとは思うのよ。

もちろん国を代表する者としては、
この国に住む全ての人々の平和を願うけどね。

立場的には共和国全土の安定を願うけれど。

個人的には手の届く範囲での大切な人達の平和を願ってしまうのよ。

いつか戦争が終わる時に、誰も悲しまない結果を願うわ。

まあ、それは実現不可能な願いかもしれないけれど。

それでも願いたいと思うのよ。

全ての人々にとって幸福な結果であることを。

ただそれだけを祈っているわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ