挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月16日

734/4820

潜入方法

《サイド:琴平愛里》

………。

調査を開始してから30分ほど経過したでしょうか?

私達は先ほどまで隠れていた集合地点へと戻りました。

「そちらはどうでしたか?」

「無理無理。南側は戦力が集中してるみたいで、隙どころか接近さえ出来なかったわ。」

問い掛ける徹さんに、
三倉さんが率先して答えています。

「まあ、いつ共和国軍が攻めて来るかわからない状況だから、当然といえば当然なんだけどね。とりあえずは警戒が厳しくて接近は不可能よ」

南側は接近さえ難しいようですね。

三倉さんの報告が終わったことで、
続いて朱鷺田さんも説明してくれました。

「東側も似たような状況です。国境を繋ぐ街道が近い為に見張りが数多く配置されています。うかつに近付けば、それだけで危険にさらされるでしょう」

交通の便という意味で言えば東側が最も行動しやすいことで監視の目も厳しいようですね。

そうなると身を隠すのも困難ですので、
東側からの接近も無理ということになってしまいます。

そんな朱鷺田さんの報告を聞いたことで徹さんはため息を吐いていました。

「はあ…。やっぱりそうですか。残念ながら北側も似たような状況です。警備自体は他の方面に比べれば緩めかもしれませんが、輸送部隊の護衛のためか、巡回兵の数はかなり多く感じられました。ですので、おそらくは潜入どころか、接近そのものに無理があると思います」

北側はアストリア方面になりますので、
見張りの数がどうこう以前にアストリア軍の往来が多いようですね。

だとすると。

やっぱり北側も接近できないということになってしまいます。

徹さんの説明が終わったことで最後に私も報告することにしました。

「すみません。西側も見張りが多くて近付けそうにありませんでした。多分、他の場所に比べれば一番警備が手薄だとは思いますが、それでも潜入する隙があるようには思えません。」

そもそも防壁を突破する方法がないんです。

各方面にある門は警備の方々が厳重に監視していますし。

防壁をよじ登って乗り越えるにしても、
防壁の上部からの監視を逃れる方法がありません。

砦の内部に侵入するためにはどうしても防壁を超えなければいけないのですが、
その方法が存在しないのです。

これでは接近は出来ても潜入は不可能です。

四方を確認した結果として、
砦へ潜入出来そうな隙間は『どこにもない』という結論に達してしまいました。

「これは困りましたね…。」

頭を悩ませる徹さんですが、
その気持ちはみんな同じだと思います。

「どうしますか?」

これからどうすればいいのかを訊ねてみると、
全ての報告を聞き終えた天城さんが方針を決めてくれました。

「砦の西側に水路がある。上手く忍び込めれば、そこから侵入出来るはずだ」

水路…ですか?

天城さんは砦の見取り図を広げながら説明してくれました。

「場所はここだ。」

砦から西に向かって500メートルくらいでしょうか?

「少し距離はあるが数分程度だ。直接、砦に忍び込むよりは安全に潜入できるだろう」

森の中の月明かりだけでは正直に言ってすごく見にくいのですが、
図面には用水路が記されているようです。

「さきほど確認してきたが、見張りは数名だったからな。突破出来ないということはない」

私達が砦の各方面を調査してる間に下見を済ませていたようですね。

だとしたら間違いないはずです。

天城さんは図面を指差しながら道順を全員に示してくれました。

「水路を越えた先には兵の宿舎があるはずだ。宿舎は四隅に計4つあるが、ひとまずは最も近い南西側の兵舎を目指す。敵の数は推測出来ないが、時間的に考えて、行動している兵士はそれほど多くはないはずだ。それに上手く兵士の服でも手に入れられれば、安全に行動出来るだろう。潜入を成功させるために、まずはここを突破することにする」

あ~。

そうですね。

アストリア軍の服を手に入れられれば行動がしやすいですよね。

そのためには兵士の方々が多く集まる宿舎は好都合だと思います。

未使用の予備か洗濯済みの服は必ずあるでしょうから探す価値はあるはずです。

「賛成します。おそらく最も成功率の高い作戦でしょう」

「私も良いと思うわよ。」

朱鷺田さんに続いて、三倉さんも賛同していました。

「特に兵士の服の入手は価値があると思うから、上手く行けば砦の内部を自由に行動できるでしょうね」

「ええ、そうですね。成功を信じてやってみましょう」

賛同した三倉さんに続いて、徹さんも賛同しています。

みなさん異論はないようですね。

もちろん私もありません。

天城さんの方針に全員で頷きました。

「私も頑張ります」

全員が覚悟を決めたことで、
私達は西側の水路に向かって行動を開始することになりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ