挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

713/4820

寮へ

《サイド:御堂龍馬》

ん?

あれ?

不意に医務室のベッドで目を覚ました。

どうやら少しの間、眠っていたようだね。

「いつの間にか眠っていたのか…」

自分でも眠りについた覚えはなかったんだ。

ベッドに横になったところまでは覚えてるんだけど。

色々と考え事をしている間に眠りへと落ちていたようだ。

時計を見てみるとすでに午後8時25分になっている。

周囲を確認してみると、すでに翔子達はいないようだった。

無事に帰れたのかな?

みんなよりも遅く目覚めた僕は、
周囲に誰もいないことを確認してからベッドを離れることにした。

「ありがとうございました。気分も良くなったので、これで失礼します」

出来るだけ丁寧に挨拶をしておくと、
校医と鈴置さんが笑顔を返してくれた。

「お大事に」

「次はちゃんとみんな揃ってから、来てくださいね~」

「あ、あははは…。」

さりげなく嫌みを効かせた言葉に苦笑しながら医務室を出る。

そして歩みを進めていく。

「これからどうしようかな?」

すでに時刻は夜だ。

出来ることは限られている。

特風会へ行くかどうか迷ったけれど。

悩んだことであることを思い付いた。

「無断で申し訳ない気はするけどね」

小さくつぶやきながら校舎を離れた僕は、ひとまず寮に向かうことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ