挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

706/4820

神対応

《サイド:美袋翔子》

うぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…。

気持ち悪いぃぃぃぃぃ。

もう本気で吐きそう。

…って言うか。

いっそ吐いて楽になりたい気分かも…。

保健室にたどり着くまでに何度かお手洗いが見えたせいで駆け込もうかなって思ったんだけど。

そっちに行っちゃったらしばらく動けなくなりそうな予感がするから我慢して通り過ぎることにしたわ。

たぶんだけど、そのままそこで力尽きると思うのよね。

嘔吐物まみれで意識を失うとか嫌すぎるから、
どうしようもない気持ち悪さを感じながらも必死に医務室に向かうことにしたの。

…で、普段なら数分で到着できるはずの医務室に
10分以上の時間をかけてようやくたどり着いたところよ。

震える手で医務室の扉を開けてみると。

中に入るまでもなく、
入口付近に知り合いがいるのが見えたわ。

「み…は…る…ぅ。」

鈴置美春がいたの。

たぶん休憩してたのかな?

「ん?あれ?」

美春も私に気付いて駆け寄ってきてくれたわ。

「翔子じゃない!もう帰ってきたの?大会はどうだった!?」

そんなに次々と言われてもね…。

悪いけど答える気力なんて残ってないのよ。

笑顔で対応してくれる美春の声ですら頭痛を感じてしまう状況なの。

だから今は青ざめた表情のままで必死に頼み込んでみる。

「ご、ごめん…美春。薬、頂戴…。」

今はそれが精一杯だったわ。

たったそれだけの言葉なのに、
声を出したというだけで気持ち悪さが加速度的に増していくのよ。

うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…。

もう無理ぃ…。

本気で吐くぅ。

人前とかそんなことを気にしてられない状況まできちゃってるの。

せっかくここまでたどり着いたのに。

体はもうすでに限界を超えかけていたわ。

「お、お願い…早く…。」

早くくれないと、美春の前で吐いちゃうわよ…?

「いや、えっと。あのね?早くって言われても、何の薬が欲しいのか分からないのに用意なんて出来ないわよ?」

あ、ああ…。

それもそうよね…。

あまりにも気持ち悪すぎて、
事情を説明することさえ忘れてたわ。

「あ、あれよ…。馬車に揺られて…ね。酔って…吐きそ…なの。何でも、良いから…お願い…。」

「…あ~うん。そういうことね」

消え去りそうな気力を振り絞って精一杯訴えてみたことで、
状況を察してくれた美春が慌てて動き出してくれたのよ。

「ちょっと待っててね!」

大急ぎで薬棚から数種類の薬を取り出してくれる。

そして、調合用の機材に手を伸ばしてた。

「先生!確か酔い止め関係って、これで良いんですよね?」

処方箋しょほうせんを確認する美春に、
保健室勤務の医師が頷いてから答えてる。

「ああ、それであってるよ。調合の分量は分かるかな?」

「もちろんです!」

自信を持って答えた美春は手早く薬を調合していったわ。

うわぁ。

慣れた手つきね。

私には薬剤の知識なんて何もないけど、
美春が凄いことをしてるのは何となくわかるわ。

薬の調合って、分量とか手順とかが色々と難しそうなのよね~。

見てるだけだとよくわからないし。

単に複数の粉を混ぜてるようにしか見えないんだけど。

実際に真似をしようと思っても簡単にはできないと思うわ。

やっぱり知識は大事なのよ。

何事も経験を積み重ねないと上手くは出来ないのよ。

…なんて。

そんなことを考えながらも美春の調合を眺めていたら、
一通りの作業を終えた美春が出来上がったばかりの薬を小皿に取り分けてくれたわ。

「出来たわよ~!」

笑顔で歩み寄ってくる美春が私の手を取って歩き出す。

とりあえずベッドに案内してくれるみたいね。

「それじゃあ、ここに座って」

「…う、うん」

歩く気力さえ尽きかけそうな私を空いているベッドに誘導してくれたわ。

こうして実際に働いてる姿を見ると、
お世辞抜きで白衣の天使に見えるわね。

服装は白衣じゃなくて制服だけど。

それでも私を介護してくれる手つきは本職顔負けだと思うのよ。

「ありがと…美春。」

「ふふっ。お礼なんて別にいいわよ。これが私の仕事だしね~」

うわぁ。

笑顔で接してくれる美春の優しさが嬉しすぎる。

病んでる時に優しくされるのって、こんなにも癒されるのね~。

「美春…優し…。」

「ん?馬鹿言ってないで、ゆっくりでいいから深呼吸して。うんうん、そんな感じ。」

うわぁ~。

微笑みながら看護してくれる美春の笑顔がすごく眩しく見えるわ。

これはもう惚れちゃうわよね。

知り合いだからかもしれないけど、美春の優しさが心にしみるのよ。

病んでる時のこの対応は天使にしか思えないわ。

お手洗いに向かわずにこっちに来てよかったって心から思える瞬間だったわね。

「ありがとう。」

「だから言ってるでしょ?これが私の仕事なのよ。って、それよりも薬だけど、飲める?粉のままの方が効果があるんだけど、水に溶かす?それともこのまま飲んでみる?」

えっと…。

私は素人だから専門家の意見に従うべきよね。

「美春の判断に任せるわ…」

「そう?それじゃあ、このまま飲んだほうがいいわ。ちょっと口の中に苦味が残るかもしれないけど、
苦味で気持ち悪さが薄れると思うから頑張って飲んでみて。」

「う、うん」

美春の指示に従って薬を飲むことにしてみる。

味がどうこうなんて正直どうでもいいからよ。

どうせ味覚も死んでると思うし。

吐き気が収まるのならそれでいいの。

「はい、どうぞ。」

「ありがと」

差し出された粉薬と、コップに入った水を受け取る。

そしてゆっくりと薬を飲み込んでみる。

…って!?

ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?

にぃぃぃぃぃがぁぁぁぁぁいぃぃぃぃぃ!!!

後味が消えないってどういうこと!?

何なのこれ?

ひたすら苦すぎる!

水を飲んでも全然変わらないのよ!?

何よこれ~っ!!

美春の嘘つき~!!

これって、ちょっとどころじゃないわよね!?

思いっきり苦いわよね!?

こんなの飲んだら泣いちゃうわよ?

って言うか、泣いてるわよ?

「苦すぎるぅ…。」

「ふふっ」

あまりの苦さに呻いてしまう。

そんな私の様子を見ていた美春は微笑んでるわね。

「良い薬は苦いって遥か昔から決まってるのよ。だから文句言わずに飲みなさい」

「…ぅぁぁ…」

笑顔で迫られたことで残りの薬も飲み込むことになってしまったのよ。

あぅぅぅぅぅ…。

口の中一杯に広がる苦味が絶望的な後味の悪さを残してくれてる。

これはちょっと酷くない?

ある意味、拷問よね?

お茶の葉っぱを直接噛み締めてる感じ?

ううん。

もっと苦いかも。

何て言うかこう…。

苦味成分だけを煮詰めて作りました、っていう感じなのよ。

そのおかげかどうかは知らないけど、
確かに吐き気は薄れたと思うわ。

即効性という意味ではかなりの効果があったかも。

でもね?

水で流しきれない粉が口の中に残ってしまうせいで、絶望的な気分に陥ってしまうのよ。

「お願い…美春。お水の、お代わり…ちょうだい」

それが精一杯の言葉だったわ。

「ったく、もう~。しょうがないわね~」

美春はブツブツと愚痴りながらも水を汲んで差し出してくれたわ。

「ほら」

「あ、うん」

ゴクゴクっと勢いよく水を飲んでみる。

だけど口の中の苦さは消えないわ。

少しは薄れた気がするけれど、ホンの少しよ。

根本的には何も変わらないの。

それでもほとんどの薬は水で流れたと思う。

苦味は絶望的なくらい残ったままだけどね。

「…ありがとう、美春」

「どう致しまして。とりあえずはこのままここで横になっていればいいわ。私もまだしばらくは医務室にいるから何かあったら呼んで」

「あ、うん。ごめんね」

「ふふっ。しおらしい翔子は可愛いわね」

あう…。

やっぱりそういうふうに見えるのかな。

「まあ、普段の翔子も好きだけどね」

うあ…。

そんなふうに言われたら照れるじゃない。

なんて思うけれど、
まだまだ体調が悪いせいで上手く返事が出来なかったわ。

「とりあえず安静にしてるように。いいわね?」

「うん」

「ふふっ」

素直に指示に従う私を見て、
美春は笑顔で離れていったわ。

本当は聞きたいことが沢山あったと思うけどね。

そんな雰囲気を感じたけど、
今は私に気を使ってそっとしておいてくれるみたい。

ホントに、ここにいる時の美春って優しいわよね。

最近、すごくお世話になってる気がするわ。

「はふぅ~」

美春に感謝しながらベッドに体を預けてみる。

あんまり柔らかくない布団だけど馬車にいるよりはましね。

とりあえずはまあ、
横になれただけで少しは気が楽になったかな?

だけど今日はもう…疲れたわ…。

ここにくるまでに気力を使い果たした感じよね。

もう動けないし。

動きたくもないわ。

何もしたくなくて、静かに目を閉じてみる。

これって薬の効果なのかな?

急激に眠くなってきたのよ。

「眠い…。」

たぶん、数秒で眠れるかも?なんて思いながら呟いてみると。

「すみません。失礼します。」

私の声を遮るかのように再び医務室の扉が開かれる。

ん~?

今の声って、あれよね?

丁寧に挨拶をしてる人物は聞き覚えのある声だったわ。

…って言うか。

状況的に考えて、こうなるのは当然かな?

医務室に来たのが誰かなんて、確認するまでもなく理解できるからよ。

私に続いて医務室に来たのは沙織ね。

たぶん、沙織も馬車に酔ってたから薬を貰いに来たんだと思うわ。

私と同じように苦しんでる様子の沙織に、再び美春が対応に向かったようね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ