挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

702/4820

基本的な理論

《サイド:米倉美由紀》

「理事長はどう思われますか?」

え~?

私に聞かれてもね~。

私だって精霊関連は最低限の知識しか知らないのよ?

…とは言え。

一応これでも教育者だから分からないとは言えないわよね…。

ひとまず適当に確保した幾つかの食料を手に抱えつつ。

馬車を降りてから答えてみることにしたわ。

「まあ、通常の理論では有り得ないことは確かね。」

精霊は生物じゃなくて術者の意思に応じて動く一種の魔術なのよ。

当然、魔術に意思はないし、
持たせることなんて出来るはずがないわ。

それが出来るのなら今頃は国内全域で喋る魔術とかが開発されてるはずよ。

「魔力に知能はないんだから声を出せないのは当然よね?」

だから術者の指示以外の行動をとることは絶対にないわ。

…というのが基本的な理論なんだけど。

「理由はともかく、出来てるんだから、それでいいんじゃない?」

さらりと答えて、持ち出した食料を適当に並べていく。

「私も精霊は使えないし、詳しいことは知らないわ。どうしても気になるのなら天城君か大悟に聞いてみるしかないでしょうね。あとはまあ、直接ヴァルセム精霊学園で相談することかしら?」

まあ、私にも分からないってことなんだけどね。

その辺りの事実はぼかしておいたわ。

せいぜい苦笑いを浮かべるしかないのよ。

だからっていうわけでもないけれど。

結局、誰にも答えは出せなかったわね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ