挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

700/4820

手遅れ

《サイド:米倉美由紀》

さて、と。

全員の準備が整ったようね。

「やっと来たわね。急ぐから早く乗って!」

御堂君達が入口に着く前に馬車を用意して待機していたんだけど。

少し急かしてみたことで、御堂君達は急いで馬車に乗り込んでくれたわ。

「みんな、乗ったわね?」

全員が馬車に乗ったことを確認してから手綱を強く握り締める。

「のんびりしてる時間はないから飛ばすわよ!!ちょっと揺れるけど我慢してね」

出発前に声をかけてみたけれど。

はっきり言って返事を待つつもりなんてないわ。

わりと本気で急いでるからよ。

「出発!!」

勢いよく振られる鞭に反応して走り出す3頭の馬。

私が走らせる馬車は宣言通りに『ガタガタガタガタッ!!!!!!』と、
勢いよく揺れながら動き出したわ。

「ちょ…っ!?」

叫ぶ翔子の声を無視して全力で馬を走らせる。

「下手に喋ると、舌を噛むから気をつけなさいっ!」

大声で注意してみたけれど、すでに遅かったようね。

「…痛ぃ…」

叫んだ瞬間に舌を噛んでいたみたい。

翔子の瞳にはうっすらと涙が浮かんでいるのが見えたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ