挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

691/4820

未来を託す価値

《サイド:御堂龍馬》

「おめでとう、御堂君。」

理事長が労いの言葉をかけてくれた。

「良く頑張ったわね。あなたの示した勇気は必ず多くの人々の心に残るはずよ。」

勇気か…。

どうなのかな?

自分ではよくわからない。

前回までの僕なら素直に喜べたと思うんだけど。

今回は多くの人の前で総魔に敗北した姿を見せてしまったから。

さすがに手放しでは喜べないと思ってしまうんだ。

だけどそれでも理事長は僕の活躍を褒め称えてくれていた。

「全ての魔術師の未来の為に、あなたの存在は必ず意味を持つはずよ。だからこれからも自信を持って前に進んでね。あなたにはこの国の未来を托す価値があるの。そのことだけは忘れないで」

未来を託す価値、か…。

笑顔と共に差し出された表彰状だけど、
僕には理事長の言葉の真意は分からない。

だけどそれでも今は迷わずに表彰状を受けとる。

この表彰にどれ程の意味と、どれ程の価値があるのかはまだ分からないけれど。

それでも前に進み続けることを止めるつもりはないからだ。

未来のことなんて分からない。

それでも総魔を追い続けることで今よりも成長出来ると信じて、
表彰状を受け取ることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ