挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

689/4820

準優勝

「続きまして!!準優勝であるグランバニア魔導学園の表彰を行います。皆様、盛大な拍手をお願い致します!!!」

係員の指示をきっかけとして再び沸き起こる拍手の嵐。

多くの人々の称賛の声が飛び交う中で、澤木君の前へと歩み進めたわ。

「おめでとう。結果には後一歩、及ばなかったけれど。今回も良い試合だったと思うわ。だからこれからも諦めることなく、多くの人々に勇気を与えられるように努力を続けてね」

健闘を讃えながら差し出す表彰状。

澤木君も頭を下げながら笑顔で表彰状を受けとってくれたわ。

「ありがとうございます!次こそはジェノスに打ち勝って年間制覇を食い止めて見せます!!」

高らかに宣言する澤木君も大塚君と同様ね。

敗北に屈することなく、
前を向いて歩き続ける意志を示してくれたのよ。

何度敗北してもそこで諦めずに立ち向かう勇気を示した二人。

そんな二人を見れたことで、自然な笑みを浮かべてしまったわ。

澤木君も守りたいと思えたからよ。

魔術師という存在。

その意味に思い悩むことが馬鹿馬鹿しくなるくらい。

彼等は目標に向かって真っ直ぐに一歩一歩を確実に歩んでいるの。

そんな純粋なこころざしを持つ生徒達が見れたことで、心から守りたいと思えたのよ。

「ふふっ。頑張ってね。いつかきっと、願いは叶うわ」

沢木君にも思いを込めてから、再び後方へと下がったわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ