挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

682/4820

まずは行動

《サイド:常盤沙織》

ここで泣いてしまうわけにはいきません。

悲しみを分かち合うことも大事だとは思いますけど、
一緒に泣き出すわけにはいかないと思うからです。

私の願いは『翔子の幸せ』です。

翔子には笑顔でいて欲しいんです。

だから今は翔子の為に向き合うことを選びました。

「翔子はもう彼のことを知っているの?」

訊ねてみると、翔子は小さく頷きました。

「…うん。知ってると思う」

曖昧な返事ですね。

ですが今の私や龍馬に比べれば、
翔子のほうが詳しいのは間違いなさそうです。

「そう。だったらこれから何が起きるのか。そして何をするべきなのか分かるわよね?」

「う、うん…。」

優しく問い掛けることで、翔子は再び頷いてくれました。

「分かってる。だけど…ね」

懇願するような視線でした。

恐怖に染まる翔子の瞳を見つめながら、私は精一杯の笑顔を見せることにします。

「あとのことはその時に考えれば良いと思うわ。」

まずは行動することが大事だからです。

「動き出さないことには結果なんて出ないって、彼が教えてくれたはずよ?」

それが精一杯の説得でした。

今の私にはそれが精一杯だと思います。

私はまだ何も知らないからです。

これから起こることも。

これから始まる出来事も。

もちろん彼の過去も何も知りません。

そんな私に言えることなんて、正直、何もないと思います。

だから今はこれが精一杯の説得でした。

ですがそれでも…。

それでも翔子は納得してくれたようですね。

私の心からの言葉を聞いて、
翔子の瞳に微かに光が戻ったのが分かりました。

「…私…」

囁くような声でしたが、
それでも私は嬉しく思います。

翔子が前へ進む決意をしたように思えたから、
私も嬉しくなって自然な笑顔を浮かべられたんです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ