挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

680/4820

大会の目的

突然話しかけられたことで、声の人物へと振り返ってみた。

背後から近づいてきていたのは理事長だ。

あまり機嫌が良くないのかな?

いつもより不機嫌そうに見える。

「理事長…。」

「ねえ、御堂君。」

不機嫌そうな表情を見せる理事長が淡々と告げてくる。

「あなたの気持ちは分からなくもないけれど。あなたがどう思うかに関係なく、表彰式には出てもらうわよ」

「…ですが!」

「いいえ。反論は認めないわ」

僕の発言を遮った理事長は、
まるで失望するかのような目で僕を見つめていた。

「この大会の目的を、もう忘れてしまったの?」

っ!?

理事長の指摘によって言葉を失ってしまった。

何も言い返せなかったんだ。

魔術大会の目的。

それは理事長の目的であり、
同時に僕の目的でもあった。

年間制覇は『その為』の過程に過ぎないんだ。

魔術師狩りという苦しみを知る理事長や僕達にとってただ一つの願いであり希望。

『この国の平和の為』に優勝を目指してきたんだ。

持って生まれた力の為に忌み嫌われ、
暴力と罵倒の迫害を受けて虐殺の対象となってしまった全ての魔術師の為に。

そして今を生きる全ての魔術師の為に。

居場所を失って壊れかけた心でこの国まで逃げ延びた多くの魔術師の為に。

魔術師の力を世に広めるために魔術を大々的に公開することで
この国には『魔術師を守る』だけの力があることを示す。

その為に僕達は戦い続けてきたんだ。

この国の平和を守るために僕は学園に留まって戦い続けてきた。

恐怖に怯える全ての魔術師の為に戦い続けてきたんだ。

この国にいれば安全だと全ての魔術師に希望を与える為に魔術大会は存在している。

そして魔術師の力を示すために僕は勝ち続けてきたんだ。

「共和国の力を知らしめる為に表彰式には出てもらうわよ。いいわね?」

………。

理事長の指示に僕は反論できなかった。

何の為にここにいるのか?

それは十分理解してるつもりだからだ。

だけど、それでも総魔の不在が納得できなかった。

その一点において、素直に表彰を受ける気になれずにいたんだ。

「総魔は…天城総魔は何をしようとしているのですか?」

「彼は自分の目的の為に旅立った。ただ、それだけのことよ」

問い掛ける僕の言葉を聞いても、
理事長は冷ややかな視線を向けるだけで、
理由を説明しようとはしてくれなかった。

「いえ!それだけではないはずです!教えてください!何があったのかを!!」

総魔のことが知りたくて必死に問い詰めてみる。

だけど理事長の態度は変わらなかった。

冷めた視線で僕を見つめるだけだったんだ。

「ここに留まって今までと変わらない生活を過ごすこと。それを彼は望んだはずよ」

「だとしても僕には出来ません!」

僕は総魔の力になりたかった。

総魔に頼られる存在になりたかったんだ。

「これからも総魔と共に歩みたいんです!!」

今の想いを必死に訴えてみた。

その行動が正しかったのかどうかは分からないけれど。

真剣な表情で訴える僕の言葉を聞いて、
理事長は深々とため息を吐いていた。

「教えるのは簡単よ。」

「だったら!」

「…だけどね?彼の言葉通り、ここから先は地獄へと繋がる一本道でしかないわ。」

例えそうだとしても、僕は知りたいと思う。

例えたどり着く先が絶望だとしても、
そこから目をそらすような人間にはなりたくないんだ。

「教えてください!」

「一歩でも踏み出せば、もう二度と今の自分には戻れないかもしれないのよ?それだけの覚悟があなたにはあるの?」

ああ、覚悟ならある。

総魔を追いかけると決めたあの瞬間に僕の運命は決まったんだ。

今更、総魔がいなかったことにしようなんて思えないし。

総魔のことを忘れようなんて思わない。

「覚悟なら出来ています。例え何があろうとも、僕は総魔を見放すようなことはしたくありません」

「…そう。そこまで思えるのなら話してあげてもいいわ。彼の全てを、ね。ただし…」

理事長は一瞬だけ言葉を区切ってから僕の瞳をまっすぐに見つめた。

「それは表彰が終わってからよ。今はまず、大会を終わらせることに集中しなさい。天城君の話はそれからでも遅くはないわ」

………。

本当にそうだろうか?

総魔はすでに行動しているはずだ。

それなのに僕はここで足止めを受けていていいんだろうか?

「本当に大会が終わってからでも間に合うんですか?」

「ええ、大丈夫よ。天城君とは後ほど合流する予定になっているから、今日明日でどうこうという話にはならないはずよ」

ならないはず…か。

今の理事長の表現を考えれば手遅れになる可能性もあるということに思えてしまう。

「総魔はどこに行ったんですか?」

「とある場所の調査よ。今はそれしか言えないわ」

調査?

「それはどこなんですか?」

「今はまだ言えないわね。教えたら勝手に行ってしまいそうだから」

………。

確かに行き先を知れば総魔を追いかけてしまうかもしれない。

いや、間違いなく追いかけるだろうね。

理事長もそれが分かっているから教えることはできないと判断しているようだ。

「他に総魔の行方を知ってる人はいるんですか?」

「私が、その情報を、あなた達に、教えると思う?」

………。

「心配しなくても、ここでの用事さえ済ませてしまえば、ちゃんと私が全て話してあげるわ」

「…信じていいんですね?」

「もちろんよ。約束するわ。だから今は表彰式を終わらせてくれないかしら?」

結局、そこに話が戻ってくるようだ。

これ以上の議論は無駄かもしれない。

少なくとも理事長が僕の意見を聞いてくれることはないように思えるからだ。

「どうあっても教えていただけないんですか?」

「今は無理ね。何事にも順序というものがあるのよ。あなた達が天城君を追いかけたいと思うなら無理に妨害しようとは思わないけれど、少なくとも私の計画から外れる行動をとってもらうのは好ましくないわね」

要するに、どうあっても大会を無事に終わらせることが理事長にとって最優先事項のようだ。

僕達がいなくなることで表彰式が中断するのだけは何としても阻止したいのかもしれない。

「ちゃんとやるべきことをやってくれたら、話くらい聞かせてあげるわ。」

………。

理事長の指示に歯がゆさを感じるけれど。

どうやら今の僕に選択肢はないようだ。

ここで下手に駄々をこねて理事長の機嫌をそこねれば、
それこそもう何も教えてもらえないかもしれないからね。

そうなってしまうと今以上に面倒なことになる。

「…仕方がないか…。」

再び試合場に視線を向けてみる。

すでに準備が整って、進行が進む直前の状況のようだ。

まもなく表彰式が開催されることになると思う。

総魔不在の表彰という部分で未だに心を割り切ることは出来ないけれど…。

今は大人しく表彰台に向かって歩きだすしかないようだ。

「あとで教えてください。全てが終わったら総魔のことを…」

「ええ、約束するわ。」

約束を願う僕に、理事長は真剣な表情で頷いてくれた。

「時間はまだあるから大丈夫よ。そう多くはないけれど、まだ大丈夫」

僕の願いを聞き入れてくれた理事長が表彰台に向かって歩きだす。

表彰の授与は共和国の代表でもある理事長が行うからだ。

「やるべきことが片付いたら話し合いましょう」

その為に。

僕と理事長は二人揃って試合場に上がることにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ