挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

66/4820

上限

《サイド:北条真哉》

まあ、なんだな。

やっぱり出来ねえものは出来ねえよな。

あまり無茶を要求するのはどうかと思うが、
ひとまず天城総魔の『限界』には気づけた。

ただまあ、この程度を弱点とは言わねえか。

総魔の限界。

それはもちろん俺自身にも言える事だからだからな。

生身の体である限り。

人が人である限り。

絶対に越える事の出来ない限界ってのがある。

そしてそれは総魔ですら逃れる事の出来ない限界だったってだけだ。

誰であろうと逃れられない限界。

それはまあ、つまり肉体が反応出来る『上限』ってやつだな。

人の限界と言ってもいい。

さすがの総魔でさえもルーンだけでは4種類の魔術の全てを防ぐ事が出来ないという事実をはっきりと確認した。

噂程度にしか総魔を知らない俺からすれば、
見逃すことのできない欠点に思える。

もちろん総魔と同じ欠点を俺も抱えてはいるが、
その欠点を補う手段を持っているからな。

だからこそ欠点が弱点にはならないと考えていたんだが、
それでも俺はまだあいつのことを深くは知らねえ。

総魔が全ての力を発動すれば、
その程度の欠点はすぐに消失する可能性があることをまだ知らねえんだ。

だからまあ、見極めるにはまだ早いだろうな。

何も知らないからこそ、決して油断はしねえ。

まだ未確認の力を考慮しながら天城総魔という人物を判断していく。

「まだ切り札があると考えておいて損はねえからな」

少なくとも天城総魔は現状ですでに8人の生徒達を倒せる力を持ってるんだぜ。

それだけでも称賛するに価するってもんだ。

「最後まで見させてもらうぜ」

しっかりと総魔に視線を向けたまま試合の行く末を見守り続ける。

そんな俺の視線を受ける総魔はすでに次の生徒へと迫っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ