挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

648/4820

祝福の言葉

《サイド:深海優奈》

「すみません。戻りました」

試合場から戻ってみると、先輩達が笑顔で迎えてくれました。

「お帰り、優奈ちゃん♪」

真っ先に微笑んでくれるのは翔子先輩です。

やっぱり翔子先輩の笑顔は素敵です。

一日でも早く、翔子先輩のような素敵な女性になれるように努力したいと思います。

「お帰りなさい。優奈ちゃん」

沙織先輩はいつも優しく微笑んでくれます。

その笑顔を見ているだけですごく安心できる気がします。

「良く頑張ったね、優奈さん」

御堂先輩も喜んでくれました。

これで少しはお役に立てたでしょうか?

「やれば出来るじゃねえか。良く頑張ったな!」

落ち込んでいた私を元気付けてくれた北条先輩も褒めてくれました。

そのことがすごく嬉しくて、
頑張って良かったと心から思えました。

「初勝利、おめでと~♪」

私の頭を撫でてくれる翔子先輩の優しさがすごく嬉しく思えます。

私という存在を認めてくれて、
一緒に喜びを分かち合ってくれる先輩達と一緒にいられることがすごく嬉しくて幸せでした。

だからもしも…。

もしも総魔さんもここにいてくれて私を褒めてくれたなら、
私はもっともっと喜べたと思います。

総魔さん。

今はどこにいるんですか?

どれだけ会場を見回しても見えない姿。

試合中に聞こえたはずの声はもう一切聞こえません。

あれは夢だったのでしょうか?

幻?幻聴?思い込み?

分かりません。

ですがあの時は確かに聞こえたんです。

総魔さんの声が聞こえたはずなんです。

だから総魔さん…。

私は総魔さんに『逢いたいです』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ