挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

647/4820

非属性

《サイド:美袋翔子》

はふぅ…。

急激な成長よね~。

優奈ちゃんは今の試合で驚くほど変わったと思うわ。

吸収という能力を完成させて、本当の意味で総魔を越えたからよ。

特性だけで見れば、優奈ちゃんは間違いなく総魔以上のはずよね?

遠距離、近距離に関係なく全ての魔力を吸収出来るようになったのが大きいわ。

そのうえ、優奈ちゃんは『精霊』を手に入れたのよ。

優奈ちゃんにとって『もう一つ』の欠点だった攻撃力を補える力よ。

詠唱の遅い優奈ちゃんの欠点を克服してくれる『存在』

優奈ちゃんが精霊に与えた能力は『重力』

なぜそうしたのかは分からないけれど、
優奈ちゃんには相応しい気がするかもね。

特別な属性を持たない優奈ちゃんに炎も氷も光も闇もどんな属性も相応しくない気がするからよ。

『無属性』っていうのかな?

あるいは『非属性』って呼ぶべきなのかもしれないわね。

精霊の能力は自然界の象徴であり現象。

そう考えれば『重力』は有り得ない能力だとは思わない。

直接的な『殺傷能力』を感じさせないからこそ、
優奈ちゃんには相応しいって感じるのかもしれないわね。

完成した吸魔と重力を操る精霊。

それは究極の防御力と物理的な攻撃力と言っても良いと思うわ。

そこに優奈ちゃん自身の魔術が加われば、
かつて総魔が求めてたどり着いた究極の理論。

『攻・防・魔』の3種類が揃うってことよ。

優奈ちゃんが最後に見せた魔術『マジック・レイン』は私のメテオストライクとほぼ同じ効果だけれど、
自分自身の魔力を消費する私と
吸収した魔力を消費する優奈ちゃんではその意味が全然違うでしょうね。

私の魔術の威力は安定してるけれど、
優奈ちゃんの魔術は状況次第の不安定さがあるからよ。

吸収した魔術が少なければ放てる数に限りが出てくる優奈ちゃんの魔術は、
その時によって威力が変化するはず。

自分自身の魔力を消費しない代わりに自分の意思で調整出来ないからよ。

そんな欠点はあるけれど、それでも十分恐れるべき魔術だったと思うわ。

相手が強ければ強いほど優奈ちゃんの魔術はその威力を増していくんだから…。

アルテマが使えないというだけで、
総魔とほぼ同程度の危険性があるのは間違いないわよね。

『恐ろしいほどの成長』は認めなきゃいけないわ。

そんなふうに思いながら、
試合場を下りて戻って来る優奈ちゃんを見つめ続ける。

両手に精霊を抱えながら笑顔で帰ってくる優奈ちゃんは間違いなく強くなったと思う。

だからこれだけは断言出来るのよ。

今の優奈ちゃんは私よりも強い!ってことをね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ