挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

639/4820

楽しめた

《サイド:御堂龍馬》

「し、試合、終了!!!」

審判員の宣言によって彼の勝利が確定した。

学園2位の実力も大賢者の称号も精霊という力でさえもものともせずに、
彼はあっさりと成瀬君を打ち破ってみせたんだ。

それどころか新たなる力を手にしたことで、
彼は更なる高みへと上ってしまっていた。

これが彼の実力なのだろうか?

嫌でも考えてしまう。

僕と彼の距離感を…ね。

どれ程、成長しても。

どれ程、力を願っても。

彼には追い付けない。

そんな絶望にも似た気持ちが僕の心を支配してしまう。

試合場を下りて僕達の所へと帰ってくる彼の表情はいつもと何も変わらない。

だけど、なんとなくだけど。

何かが違う気がすたんだ。

雰囲気ともいうべき何か。

たぶんそれは僕だけではなくて、皆も感じているのかもしれない。

そしてその事実を象徴するかのように。

誰も…翔子や深海さんでさえも彼に話し掛けようとはしなかった。

一度始まればもうあとには引き返せないような、そんな空気が流れているんだ。

言いようのない不安。

重い空気の中で、彼が口を開いてしまう。

その瞬間に。

何故かは分からないけれど。

彼の言葉を聞いてはいけないような、
そんな不安と恐怖が僕の心に広がってしまったんだ。

「思った以上に楽しめた」

えっ?

今…なんて?

彼は楽しめたと言った。

それはまるで、もう終わってしまったかのような表現だった。

「これでもう俺の役目は果たせただろう」

な、何を…言ってるんだ?

役目って…。

果たせたって…どういうことなんだ?

「試合はまだ…」

終わってないんだ。

それなのに彼は…。

「お前達なら俺がいなくても大丈夫だ」

表情一つ変えずに…。

まるで最初からそうであったかのように…。

彼は僕達に背中を向けて歩きだしてしまったんだ。

「何処に行くんだ?」

「………。」

尋ねてみたけれど、彼は何も答えてくれなかった。

だけどその問いの代わりに。

一言だけ伝えてくれたんだ。

「お前達と出会えて良かった」

「総魔さん…っ!」

想いを残した彼の言葉を聞いて深海さんが泣き崩れた。

まるで『最後の別れ』のように悲しんでいる。

その姿を見て何も言えずに戸惑う沙織と翔子。

彼は僕達に振り返ることもないまま、
何も言わずに立ち去ってしまったんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ