挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

638/4820

精霊

それぞれの手に現れるルーン。

俺の手には聖剣『ジェネシス』が、
鳴瀬の手には巨大な鎌が現れている。

「ベルフェゴール。それがこのルーンの名前だよ」

巨大な鎌を振り回す鳴瀬によって、
『ブオン!ブオン!」と、風を切る音が周辺に響き渡る。

「さて、と。それじゃあ。何も知らないだろうから、きみに僕達の本当の実力を見せてあげるよ」

静かに動きを止めてから、
鳴瀬が更なる力を解放し始めた。

左手でルーンを構えながら、右手を天高く掲げている。

「僕達の学園で重要視されているのは魔術でもルーンでもない!僕達が求める力は精霊だ!!!」

力を宣言した鳴瀬の手の平の上で魔力の渦が生まれる。

何らかの形を作り上げようとしているようだ。

「シルフィー!!!」

鳴瀬が力を解放した瞬間に魔力の渦を中心として強風が周囲を吹き抜けていく。

そして輝きを増した魔力の渦が人型となって試合場に降り立った。

「これが精霊だ!」

誇らしげに語る鳴瀬の隣に精霊が寄り添う。

女性を模したその姿。

鳴瀬の魔力によって集められた風から生まれたのは『精霊』

意思も感情も感じさせない人型の魔力だ。

その存在は希薄で薄く透き通って見える。

「一応、説明してあげようか?『精霊』とは自然の力を象徴した存在であり、魔術とルーンの狭間の存在になる。僕の魔力の供給を受け続ける限り決して消滅することがなく、僕の意思に応じて自在に動くことが出来る第3の力だ」

魔術とルーンの狭間か。

なるほどな。

確かにそれなら納得出来る。

結晶化したルーンは持ち主の手になければ力を発揮できない。

北条のように回収程度に呼び戻す程度のことは出来ても、
自由自在に相手を攻撃することは出来ない。

一方、魔術は一度限りの力だ。

発動すれば消えるのが当然で、長時間維持することは難しい。

防御結界などのように魔力を消費し続ける限り維持することは不可能ではないが、
その為にはその魔術を維持する為に常に意識し続ける必要がある。

だが。

精霊という定義が魔術とルーンの狭間であり。

魔力を与え続ける限り存在を維持し続けることが出来る存在だとすれば、
その存在価値は大きいだろう。

『もう一人の自分がいる』という考えで言えば精霊という力は大いに評価すべき力だと思う。

「精霊魔術か…」

成瀬の精霊を目にしたことで、俺はとある事実に気付いた。

いや…。

確信したと言うべきかもしれないな。

精霊という存在を知ったことで、
その力の使い方を思い出したからだ。

指輪によって能力を封印する以前に使っていた力。

俺はすでに『精霊』という力を使いこなしていたようだ。

「なるほどな」

呟いた俺の言葉が聞こえたのだろう。

「何が、なるほど、なのかな?」

鳴瀬が問い掛けてきた。

「大したことではない。だがここでお前に…いや、お前達に出会えたことを感謝しよう」

「は?」

俺の言葉を不審に感じた様子の鳴瀬だが、
長々と説明するよりも実際に証明したほうが話は早いだろう。

今ならできるはずだ。

ルーンを構えたまま意識を集中させていく。

そして『あの魔術』を展開する。

「エンジェル・ウイング!」

俺の背後で眩しいほどの光が輝いた。

その直後に。

まるで白鳥が翼を広げるかのように、
俺の背後に一対の純白の翼が光を帯ながらその姿を現した。

「なっ!?何だっ!?」

鳴瀬が戸惑うのも当然か。

俺の身長を遥かに越える広さと大きさを持つ翼は、
神秘的な光を帯びて、見る者全てを魅了する輝きを放っているからな。

初見では理解が追いつかないだろう。

本来の用途で言えばアルテマを発動するための媒体なのだが、
残念なことに高速化の能力を封印していることで以前のような使い方は出来ないままだ。

圧縮魔術の保管程度なら今でも可能だが、
同時展開が出来なくなっているためにアルテマを発動する能力は存在していないことになる。

それでもこの翼は単なる魔術ではない。

もちろん結晶化したルーンでもない。

この翼は…

いや、この翼も精霊と呼ぶべき存在だと確信した。

とは言え。

現状ではまだ完成とは言えないだろう。

自然界を模した力を『精霊』と呼ぶのなら、俺はこの翼に更なる力を与えようと思う。

「見せてやろう。これが俺の精霊だ」

宣言する俺の背中から翼が離れ。

代わりに新たな光が翼の中心に輝く。

目を覆いたくなるほど強烈な光によって、
会場にいる全ての者達の視線が翼の中心へと集中する。

神々しく輝く神秘の光。

その輝きが収まった瞬間に。

この場にいる全ての者達が驚愕の表情を浮かべたようだ。

だがそれは観客だけでない。

そして鳴瀬だけでもない。

精霊魔術の使い手である『ヴァルセム精霊学園』の生徒を含め。

翔子も沙織も優奈も北条も。

そして御堂でさえも言葉をなくして俺の作り上げた『精霊』へと視線を向けている。

荘厳なる雰囲気を放つ『存在』であり、
幻想と現実の狭間の『存在』でもある。

神々しく輝く翼と見る者全てを虜にする美しさ。

神聖なる輝きを持ち。

全てを司る『存在』

新たに生まれた精霊が俺の側へと降り立つ。

「これが光の精霊だ」

女性を模しているが、性別があるのかどうかは不明だ。

純白に輝く大きな翼を広げ、
金色に輝く衣と長い髪が風に吹かれて揺らめいている。

身長は俺よりも僅かに低い程度だ。

あらゆる『美しさ』を合わせ持つ精霊の力の象徴は『光』

万物の頂点に立つその名は『天使』

「さあ、始めようか…」

「う…あぁ…っ」

宣言する俺を見つめる鳴瀬は、
一目で分かるほど恐怖に震えているのがわかる。

「馬鹿なっ!?そんな、馬鹿なっ!?」

目の前の現実が信じられないようだな。

戸惑うばかりの鳴瀬だが、ここはすでに戦場だ。

降伏を認めない限り、手を抜くつもりは一切ない。

「一応聞いておくが、戦う気がないのなら見逃してやろう」

選択肢を与える俺に、鳴瀬は震えながら視線を向けてきた。

「一体、お前は、何者なんだ…っ!?」

「くだらない質問だな」

鳴瀬の目の前に立って聖剣を構える。

「選択肢は二つに一つ。戦うか、逃げるかだ」

「ま、まだ負けたわけじゃない!戦いもしないうちから諦めるつもりはないんだ!!」

「戦う気があるならそれでいい。俺の精霊とお前の精霊。どちらが上か決着をつけるまでだ」

「僕をなめるなっ!」

大声で叫んで即座に風の精霊を操る鳴瀬。

その動きに対抗すべく、俺も天使を羽ばたかせる。

ばさばさと翼を動かして空を舞う天使が空中を舞う風の精霊に向かって襲いかかっていく。

そして空中で激突する二体の精霊。

風の魔術を自在に操って天使を打ち落とそうとする精霊を迎撃するために、
俺は天使の手に新たな力を送り込むことにする。

「さあ、空を舞え!」

光と共に生まれるルーン。

天使の手に聖剣ジェネシスが現れる。

「馬鹿なっ!?精霊がルーンを使うだとっ!!!」

驚く鳴瀬に再び警告しておくか。

「上ばかり見上げていては足元をすくわれるぞ?」

「くっ!?」

俺の攻撃を恐れて即座に後退する鳴瀬だが、
上空ではルーンを手にした天使が風の精霊を制圧しようとしている。

「精霊が消え去る前に急ぐことだ。今ならまだ俺に勝てるかもしれないからな」

「くそっ!バケモノめっ!!!」

鳴瀬は大鎌を強く握り締めた。

風の精霊が負ければ、俺と天使の両方を同時に相手にしなければならないからな。

その事実に気付いた鳴瀬が慌てて俺に攻め掛かってくる。

「うおおおおおおっ!!!!」

必死の形相で接近して来る鳴瀬の巨大な鎌が俺の首を目掛けて振り下ろされる。

…だが…

俺の手にある聖剣によって鎌の刃を受け止めてみせた。

「くそおおおおおおおっ!!!」

やけになった鳴瀬は力任せに鎌を振り続けている。

魔術を使うことにさえ意識が回らない様子だな。

今の鳴瀬には『大賢者』の面影は一切見られない。

「どうやらここまでのようだな」

成瀬の限界を感じ取った瞬間に上空で爆発音が響き渡った。

どうやら風の精霊が消滅したようだな。

「なっ、ぁ、ばか、な…」

冷静さを失った鳴瀬ではここまでが限界だったようだ。

「…眠れ…」

聖剣で成瀬を切り伏せる。

「ぐっ、あっ!?」

俺の一撃を受けて試合場に倒れ込んだ鳴瀬は、
そのまま意識を失ってしまったようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ