挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月15日

622/4820

普通じゃない

「どうやら相手が到着したようだね」

考え事をしている間に、
カリーナ女学園の生徒達が相手の陣営に集結したようだ。

6人の女子生徒の姿が見える。

カリーナ女学園は文字通りの女子高だからね。

32の学園の中で唯一女性だけの学園になる。

もちろん男子生徒だけの学園も一つあるけれど、
そっちは知名度がかなり低いかな。

昔は強豪だったらしいけれど、今は無名に近いだろうね。

確か…メドラス魔戦学園っていう名前だったと思う。

男子校と宣言してるわけじゃないけれど。

陸軍の養成所として設立された学園らしくて、
女子生徒はいないらしいよ。

真哉みたいに前衛で戦うことを主体としてる学園だから接近戦は強いみたいだね。

団体戦なら間違いなく優勝候補なんだろうけど、
大会は個人戦だから不利なのかもしれない。

もちろん学園上位の生徒達はかなりの実力があるはずだ。

それでもここ数年はあまり目立った活躍はなかったと思う。

まあ、目立たないという意味ではカリーナ女学園も同じだけど、
どっちが怖いかと聞かれれば間違いなくカリーナ女学園だろうね。

色々と普通じゃない人達が多いんだ…。

こういう時でもなければ、
あまり関わりたくはないと思ってしまうほどにはね。

シェリルさんや理事長以上に苦手な存在だと思ってる。

だけどまあ、
試合を放棄するわけにはいかないから戦うしかないんだけどね。

「とりあえず、試合順を決めようか」

多くの観客の声援を浴びながら。

ひとまず僕達は3回戦の試合順を決めることにしたんだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ