挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

619/4820

優奈の祈り

《サイド:深海優奈》

午後9時になりました。

今ここがジェノスではなくて、
遠く離れた町の大会会場なんだという事を忘れてしまいそうなくらい
のんびりとした時間が流れています。

まるで学園の屋上で休憩しているようなそんな雰囲気ですね。

緊張感がないと言ってしまうと聞こえが悪い気がしますが、
こうしてみんな揃って過ごせる時間がすごく大切な時間なんだと思います。

ですが。

この幸せな時間も…

そして今日という日も、もうすぐ終わってしまいます。

総魔さんは今、どんな気持ちでここにいるのでしょうか?

見た目では判断出来ませんが、
総魔さんもこの時間を幸せに感じてくれていれば
それはとても素晴らしいことだと思います。

そしてもしも願いが叶うのなら。

この幸せがいつまでも…

いつまでも続いてほしいと思います。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ