挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

600/4820

非礼を詫びよう

「最初から手加減なしだ!!鳳凰翼ほうおうよく!!!」

全力で繰り出される強烈な刺突。

紅蓮の炎が襲い掛かってくる。

「燃え尽きろっ!!!」

全力で叫ぶフェイの攻撃は驚異的だが、
ますは聖剣を振るって炎を切り裂いてみせた。

「ディスペル!!」

最上位の解呪によって一瞬にして消え去る炎。

「なっ…!?」

北条を制するほどの自慢の一撃があっさりと消失したことで、
フェイの表情が一瞬にして凍りついた。

「この程度か?」

フェイが動きを止めた瞬間に、一気に距離を詰める。

槍の射程の内側だ。

フェイにとっては危険領域だが、
剣を持つ俺にとっては有効射程範囲だ。

反撃出来ないフェイに狙いを定めて、容赦なく切り掛かる。

「沈め!」

「くっ、させるかっ!!」

切り掛かろうとする俺の攻撃に対して、
フェイは体をひねることで槍を横なぎに叩き込んできた。

ちっ!

大した反射神経だな。

風きり音を轟かせる槍を聖剣で受け止めた瞬間に、
即座に後方へと身を引いたフェイが距離をとってしまう。

これでまた槍の攻撃範囲が広がってしまったことになる。

「確かに身体能力は北条以上だな」

「………。さすがに今のは、ぞっとしたぞ」

油断していたわけではないだろうが、
予想外の展開だったようだな。

改めて槍を構え直すフェイを眺めつつ。

ジェリルの時と同様に前もって警告しておくことにする。

「あえて警告しておくが油断はしないことだ。次は『斬る』」

「………。」

俺の気迫に押されたのか、
後方へと後ずさったフェイは槍を持ち直してから大きく振りかぶった。

「非礼を詫びよう。どうやら甘く見ていたのは俺だったようだ」

目を細くしながら何度も深呼吸を繰り返している。

…そして…

再び目を開けた瞬間に。

ようやくその本性をさらけ出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ