挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

598/4820

指名

《サイド:美袋翔子》

うっわぁ~!?

何よあれ!

って言うか、今、何が起きたのっ!?

試合が終わってルーンを解除する総魔だけど、
最後に何をしたのか私にはさっぱり分からなかったわ。

総魔は新しいルーンの名前をジェネシスって言ってたけど…。

そんな力があるなんて私も知らなかったのよ。

今まで何も聞いてなかったし。

新しいルーンがあるなんて一度も言ってなかったはずよね?

だけど…。

あ~、そっか…。

本来あった能力と異なる潜在能力に目覚めたのなら、
新しいルーンがあって当然なのよね?

私だって扇が使えるわけだし、
総魔だって新しいルーンが使えるのが当然よね?

今まで考えてなかっただけで、
潜在能力に対応するルーンが使えるのが当然の流れだとは思うわ。

真哉との戦いのあとでずっと研究所で実験を繰り返していた総魔が
何をしたかったのか私には分からなかったけれど。

その実験の成果を今の一撃で証明したってことだと思う。

今の一撃は明らかに初期の『アルテマ』に匹敵する破壊力だったはずよ。

だけどアルテマとは根本的に違うわね。

魔術を一斉放射するようなアルテマとは違って単体で起こる破壊だったからよ。

あれは…そうね。

龍馬のグランド・クロスに酷似しているかな?

って!?

思い付いた瞬間に、私は龍馬に振り返っていたわ。

「龍馬!?」

振り返る視線の先で、龍馬も驚愕の表情を浮かべてた。

「…あ、あれは…っ。まさか…っ?」

呟く龍馬が何を言ってるのか、
はっきりとは聞き取れなかったけれど。

きっと龍馬も私と同じことを考えてるんだと思う。

「あれは…僕の…?」

うわぁ~。

やっぱりそうなのね。

再び振り返った視線の先にいる総魔は、
何故か試合場から一歩も動き出す気配がなかったわ。

こっちに振り向く素振りすら見せなかったのよ。

どういうこと?

戻ってこないの?

疑問を感じている間に、
総魔は私達に背中を向けたまま相手側の陣地に歩みを進めてく。

そしてそのまま敵陣に呼び掛けたのよ。

「さあ、始めようか。最後の試合を」

うあ~、なるほどね。

宣戦布告する総魔の目的はすぐに理解できたわ。

たぶん、龍馬だって気づいてると思う。

そして総魔の視線を受ける人物も気づいたようね。

「最初からそのつもりだったのか?」

彼の問い掛けに総魔は答えない。

だけど…

「お前と試合がしたい。フェイ・ウォルカ」

総魔は延長戦の相手を指名したのよ。

「いいだろう」

総魔の指名を受けたフェイは、迷うことなく試合場に歩みを進めてく。

2勝2敗1分けで延長戦となった2回戦で、
総魔は最後の対戦相手としてフェイを選んだのよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ