挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

593/4820

初めての観戦

《サイド:深海優奈》

御堂先輩の試合が始まろうとしています。

先輩の試合はすでに二回目なのですが、
一回戦の試合は見ていなかったのでちゃんと観戦するのは今回が初めてになります。

…と言うよりも。

学園でも先輩の試合は見たことがありませんので、
先輩がどんな能力を持っているのか正直に言って何も知りません。

初めて検定試験会場でお会いした日に私は総魔さんと研究所に行ってしまいましたし、
帰ってきてからも悠理ちゃんと私と総魔さんが試合をしただけで
御堂先輩の試合は一度も見ないまま別行動になってしまいました。

その後に関しても御堂先輩の試合を見たことはありません。

私の知らない間に北条先輩と試合をして2位になっていましたし、
その上にいる総魔さんとの試合は禁止されていましたので
御堂先輩が試合をすることは一度もありませんでした。

なので。

私だけは一度も先輩の試合を見たことがないんです。

悠理ちゃんや翔子先輩達は知っているようなのですが、私は何も知りません。

ですがそれはたぶん総魔さんも同じではないでしょうか?

最初の検定試験会場では一緒に行動していたようですが、
その後は一度も関わっていないと思います。

実際にどうかは知りませんが、
少なくとも新しい力に覚醒した御堂先輩の力を見たことはないのではないでしょうか?

そう思って総魔さんを見てみると、
総魔さんも真剣な表情で試合場を見つめているように思えました。

やっぱり総魔さんも気になるのでしょうか?

聞いてみたい気はしますが、
答えてくれそうな気はしません。

それでも御堂先輩がどんなふうに成長したのかを、
きっと他の誰よりも興味を持っていると思います。

いつか再び戦う時のために。

先輩の成長を誰よりも待ち望んでいるはずだからです。

総魔さんに期待してもらえる御堂先輩が少し羨ましいと思うのですが、
期待していただいているのは私も同じなので、
この次は今まで以上に頑張りたいと思います。

…と。

考え事をしている間に試合場の中央に歩みを進めた審判員さんが右手を高く掲げていました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ