挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月4日

59/4820

総魔の心

《サイド:美袋翔子》

やっぱり、そうなのね。

総魔のルーンの特性。

それはやっぱり吸収だったみたい。

だとすれば斬るべきモノは当然、魔力よ。

攻撃と同時に魔力を奪い取る能力ということでしょうね。

それが総魔のルーンの能力なんだって気づけたわ。

「明るいような…暗いような…不思議な光ね。」

なのに、どうしてなのかな?

なんだかとっても綺麗って思えたわ。

光でも闇でもない不思議な光を放つ総魔のルーンを見て、
素直に綺麗だと感じていたのよ。

「それが総魔の心なのね」

私のルーンとは違った輝きを放つ総魔のルーン。

その光に吸い込まれるように、
視線がルーンにくぎづけになっていたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ