挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

585/4820

全属性と純属性

《サイド:天城総魔》

「それでは準備はよろしいでしょうか?」

「はい」

「ええ」

問い掛ける審判に対して、沙織とマリアは同時に頷いていた。

「それでは、試合を始めます」

掲げた右手を振り下ろした瞬間から、沙織の試合が始まる。

「試合、開始っ!!」

勢いよく振り下ろされる右手。

開始の合図と共に沙織とマリアのルーンが発動したようだ。

光と共に現れるルーンはどちらも杖だった。

沙織の手には星を冠する『マテリアル』が現れ、
マリアの手にも光り輝く『杖』が出現している。

「貴女のルーンはマテリアルだったわよね?」

「ええ、そうよ」

「私のルーンはバゼラードよ。覚えてる?」

「ええ、覚えているわ。もちろんあなたの特性もね」

沙織が答えたことで、マリアは微かに笑みを浮かべていた。

「だったら確かめましょう。あなたの全属性と私の純属性のどちらが上なのかをね」

全属性と純属性か。

『純属性』という能力の詳細はまだ分からないが名前から予想出来ることはある。

おそらくだがあらゆる魔術を自在に操る沙織とは異なり、
マリアの特性は単一の魔術を自在に操れるという意味だろう。

沙織とマリア。

互いに杖を構える二人の姿からは、物理的な試合は想像出来ない。

おそらく二人とも遠距離からの魔術の撃ち合いとなるはずだ。

純粋な魔術の試合とも言えるだろう。

大賢者による戦いとして、まず先手をとったのはマリアだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ