挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

577/4820

短剣

「それではこれより第1試合を行います」

試合開始を宣言する審判員が右手を高く掲げてから、勢いよく振り下ろす。

「始めっ!!!」

「…が、頑張りますっ!」

開始直後にルーンを発動させた優奈ちゃんは
身長を大きく上回る弓を構えてピーターに狙いを定めたわ。

たぶん、下手に接近されたら困るからでしょうね。

いつもより慌ててるように見えるわ。

「へえー。お姉ちゃんもルーンが使えるんだ?」

ん?

あれ?

何か変じゃない?

今、確かに言ったわよね?

ピーターは今、『お姉ちゃんも』って言ったはず。

それも悔しそうな表情じゃなくて、笑顔のままで言ったのよ。

だとしたら。

その言葉の意味する答えは一つしかないわよね?

光り輝くピーターの両手。

左右の両方の手に一本ずつルーンが発動したわ。

赤色と青色の二種類のルーンよ。

異なる色の違いが何を意味するのかは分からないけれど、
ピーターは使えるようになっていたようね。

1ヶ月前には使えなかったはずのルーンを使えるようになっていたのよ。

これはまずいかも…?

かなり危険な展開だとは思うわ。

ルーンを構えるピーターの手には二種類の短剣が握り込まれてる。

それは明らかな凶器で、優奈ちゃんにとってもっとも恐れるべき事態よね?

どう考えても防御不可能よね?

ピーターの攻撃は直接的な魔術を吸収出来ない優奈ちゃんに届いてしまうからよ。

吸収出来ない攻撃に対して優奈ちゃんはどうするのかな?

そこが勝負の分かれ目になってしまうでしょうね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ