挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

576/4820

負けるはずがない

《サイド:美袋翔子》

ついに優奈ちゃんの出番が来たわね~。

試合場に立った優奈ちゃんはまあ…思いっきり緊張してるように見えるわ。

対戦相手のピーターは見るからに楽しそうな雰囲気で笑顔を浮かべてるけど、
肝心の優奈ちゃんはどう見ても不安と緊張で一杯っていう雰囲気を放っているわ。

これはもうあれよね?

気持ちですでに負けてるわよね?

このままで大丈夫かな?

ものすごく心配になってくるわ。

だけど…普通に考えれば優奈ちゃんが負けるはずがないわよね?

だって魔術が効かないのよ?

もちろん物理攻撃は無効化される結界内部だから、
殴られて怪我をするということはないわ。

唯一欠点があるとすれば至近距離で魔術を受けてしまうことよね?

その辺りの問題はどのくらい改善されてるのかな?

一晩で解決できるような簡単な問題じゃないと思うから欠点は欠点のままだと思うんだけど…。

ここで重要なのはピーターがそこに気づくかどうかよね?

ピーターは魔術師としてはそこそこ優秀だったと思うけど、
以前の試合ではそれ程活躍していたわけじゃなかったはず。

少なくとも前回の大会ではルーンを使えない程度の実力だったわ。

この1ヶ月の間にどのくらい成長したのかは分からないけど、
単純な魔術だけなら優奈ちゃんに勝つことは出来ないはずよ。

優奈ちゃんに吸魔の特性が有る限り。

どんな魔術も意味がないはずだから。

直接、叩き込まれない限りは、ね。

その一点で不安な部分はあるけど、
普通に試合をする分にはそれ程心配する必要はないと思う。

だって、ね。

無敗で勝ち続けているからこそ、優奈ちゃんは学園3位なのよ。

魔術大会といっても、
基本的には学園の試合とやることは同じだしね。

魔術師同士の試合なんだから、
普通の試合なら絶対に負けるはずがないわ。

そう思いながら見守る試合なんだけど…

ついに始まっちゃうようね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ