挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

575/4820

第2回戦、第1試合

《サイド:深海優奈》

はうぅぅぅ~。

いよいよ試合が始まってしまいます。

ついに私の出番が来てしまうんです。

「それでは!ただ今より第2回戦第1試合を行います!!」

午後2時丁度に進行を開始した係員さんの合図によって、
私の試合が始まろうとしていました。

「ジェノス魔導学園からは深海優奈さん!!試合場へどうぞ!」

係員さんに呼ばれたことで試合場に向かいます。

…ですが、緊張で上手く歩けません。

手と足が一緒に出ちゃう感じです。

ちょっぴり恥ずかしいですね。

それでも緊張のせいで上手く動けませんでした。

大会で初めての試合だからです。

戦うことを考えるだけで緊張が高まってしまいます。

どうしても不安を感じてしまって自然と足が震えてしまうんです。

あうぅぅ~。

向こうからはどんな人が出てくるのでしょうか?

私でも戦える人なのでしょうか?

間違っても相手の学園の1位のかたとは戦いたくないのですが、
誰が出てきたとしても安心なんてできません。

私の欠点は欠点のままですし、
魔術師としての実力は初心者でしかないからです。

学園ではなんとか勝ち続けることができていましたが、
今の私は欠点だらけです。

単純な魔術戦だったらほぼ無敵状態で戦えるのですが、
接近戦になってしまったらもう私に出来ることは何もありません。

直接的な魔術は吸収できませんし、
反撃しようにも魔術の詠唱の遅さは致命的だからです。

そのせいで絶対に勝てるという保証はすでにどこにもないんです。

なので。

出来ることなら、
あまり怖くない人が出てきてくれると嬉しいのですが…。

私の対戦相手はどんな人なのでしょうか?

そんなふうに考えている間に対戦相手の名前が発表されました。

「デルベスタ多国籍学園からはピーター・フロンドさん!!試合場へどうぞ!」

呼び掛けられたことで試合場に向かうピーターさんは私よりも小柄な男の子でした。

年齢も下でしょうか?

多分、一つか二つ年下かな?と思います。

試合場に向かう私とピーターさんは騒がしいほどの勢いで盛り上がる会場で、
多くの人達の注目を浴びながら試合場へと歩みを進めています。

その間にも不安と緊張で震える体は止まりません。

自分でも情けないとは思うのですが、
どれだけ願っても体の震えは止まらないんです。

恐怖という程ではないのですが、
場違いな場所に立っているという不安が私の心を支配している感じでした。

それでも気持ちを落ち着けるために何度か深呼吸を繰り返していると、
対戦相手のピーターさんから話し掛けてくれました。

「ねえねえ、お姉ちゃん、幾つ?」

思ったよりも幼い声でした。

もしかすると予想よりもさらに年下なのでしょうか?

「えっと、一応16歳です。」

4月4日生まれですので、
ついこの間が誕生日でした。

「それじゃあ、僕より2つ上だね」

あぁ、やっぱりそうなんですね。

私の予想は外れてなかったようです。

2つ違いと言うことはピーターさんは14歳ということです。

私よりも年下なのにこうして大会に参加できる程の実力があって、
堂々とした態度でいられるピーターさんが少し羨ましいですね。

私と違って、大会を楽しんでいるように思えるからです。

「ねえねえ、お姉ちゃん。緊張してるの?」

「えっ、あ、う、うん」

上手く答えられずに言葉に詰まってしまいます。

そんな自分を恥ずかしくて、そのままうつむいてしまいました。

自分でも情けないなって思います。

もっと頑張らなきゃいけないと分かってはいるのですが、
それでも自信を持って向かい合う勇気が私にはまだありません。

「す、すみません…。」

何故か謝ってしまいました。

そんな私を見て、ピーターさんは微笑んでくれました。

「あー、ごめんね。そんなに落ち込まなくてもいいよ。不安なんて考えるだけきりがないから、もっと気楽に考えた方が良いよ!」

あうぅ…。

年下の子に気を使われてしまいました。

余計に自分が情けなくなってしまいます。

「えーっと、何も考えずに試合に集中した方がいいよ?そうじゃないと…」

ピーターさんは私を眺めながら無邪気に微笑んでいます。

「そうじゃないと、僕が勝っちゃうよ」

自信たっぷりの笑顔です。

その表情には一切の迷いが見えません。

すでに勝利を確信しているかのような強気な笑顔でした。

これじゃダメですね。

気持ちという意味ですでに私はピーターさんに負けているようです。

今のままの私では勝てません。

もっと強くならないとダメなんです。。

心をもっと強く!

そんなふうに自分に言い聞かせてみると、
少しずつですが体の震えが収まってきました。

す~、は~。

繰り返す深呼吸のおかげで気持ちも落ち着いてきます。

まだまだ普段通りとは言えませんが、
ピーターさんと向き合えるようにはなってきたようです。

「やっとその気になったみたいだねー」

先程と同じ無邪気な笑顔なのですが、
その表情はまだまだ勝利を確信しているように思えます。

もうすでに格下に見られているようですね。

試合が始まる前から怯えてばかりいますので
そう思われても仕方がないとは思うのですが、
笑顔を浮かべたまま会話を打ち切ったピーターさんは試合の開始を待っているようです。

「全力で戦った方がいいよー。全力でね」

あうぅ~。

「が、頑張ります…っ」

心の中の不安はまだ消えませんが、
ようやく任せていただいた試合ですので負けるわけにはいきません。

期待してくれている先輩達の為にも。

そして一晩中付き合って頂いた総魔さんの為にも。

私は勝ちます!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ