挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

553/4820

質問は二つ

《サイド:天城総魔》

………。

………。

………。

そろそろ良いだろうか?

周囲を確認してみる。

………。

現在地は大会会場を取り囲むように広がる通路の一画だが、人の気配はほとんど感じられない。

まもなく試合が始まるからかもしれないが、
見える範囲には誰もいないように思える。

全くいないとは言い切れないが、
仮に通行人がいたとしても気にする必要はないだろう。

聞かれて困るような話ではないからな。

まずは一度、美由紀と話し合おうと思う。

これからどこに向かえばいいのかを聞いてみないことには肝心の話が進まないからだ。

向かうべき目的地を問いかけるために
一旦足を止めてから美由紀に振り返ることにした。

「この辺りで良いだろう」

俺が足を止めたことで、美由紀も足を止めていた。

そして向き合う俺に視線を向けている。

「それで?話って何なの?」

美由紀は目的がわからずに困惑しているようだが、
それでも俺から視線を逸らすことはしなかった。

さすがは共和国の代表というべきか。

どんな状況でも視線をそらさない度胸は尊敬に値するな。

…と言っても。

評価を改めたのは美由紀が知り合いだったことに気付いたからであって、
正直に言えば今までは気にしていなかった。

だが今は俺達の関係に気づいたことで、
美由紀への警戒心はほぼ0になりつつある。

だからこそ、今なら好意的に接することもできる気がしている。

「質問は二つある」

どうしても確認しなければならない『ある事』に関して質問することにする。

「まず一つ目だが、開会式で挨拶を行っていた『米倉宗一郎』とは父娘で間違いないな?」

「へ?って、はあ!?」

俺の質問を聞いた瞬間に、
美由紀は驚いたような表情で首を傾げていた。

どうやら予測していた質問と異なっていたようだ。

首を傾げた美由紀は、
返答に困っているようにさえ見える。

「わざわざ呼び出して何かと思えば、そんなことが聞きたかったの?」

美由紀には理解できないようだが、
俺としては重要な質問だからな。

念のためにもう一度尋ねることにした。

「もう一度聞く、父娘で間違いないな?」

「ええ、そうよ。だけど、それがどうかしたの?…と言うか、それって大会とは関係ないわよね?」

疑問を感じる美由紀に説明するのは簡単だが、
今ここで話をしてもおそらく美由紀は何も思い出さないだろう。

美由紀自身と俺に接点はないからな。

俺は美由紀を見たことがあるが、
美由紀が俺を覚えているかどうかはわからない。

だから今は二つ目の質問を問いかけることにした。

「どこに行けば会える?」

「どこ、って?父さんに会いたいの?」

「ああ、そうだ。どうしても会わなければならない」

「会わなければって、どうして?」

疑問を問い続ける美由紀だが、
その態度を見ることで分かることがある。

つまり。

美由紀は俺を覚えていない、ということだ。

あるいは面識さえなかったのかもしれない。

だとすれば今ここで美由紀と話し合う意味はないだろう。

おそらく何を言っても通じないはずだ。

そう思ったことで。

質問に答えずに、再度、美由紀に問い掛けることにした。

「どこに行けば会える?」

「どこって言われても…」

「知らないのか?」

「いいえ。どこにいるのかは知ってるわ。だけど関係者以外は立入禁止の特別観戦席にいるから、基本的に部外者は中に入れないのよ」

「それはどこにある?」

「場所は2階東側の中心部だけど…。一応言っておくけど、生徒も立ち入り禁止よ」

「そうか」

2階東側の中心にいるらしい。

それはつまり俺達の部屋のほぼ真下にいるということだ。

「あの辺りか」

ここからは見えないが、大体の見当をつけたことで再び歩きだすことにした。

「質問は以上だ」

「ちょ、ちょっと!天城君!」

慌てて追い掛けて来る美由紀が歩き続ける俺の隣に並んで話し掛けてくる。

「一体、何を考えているの?」

「会って話がしたい。ただ、それだけだ」

「それだけ、って…。」

俺の言葉を聞いてため息を吐く美由紀は不満げな表情を浮かべながら問い掛けてきた。

「どうして父さんに会いたいの?」

「会う必要があるからだ」

「だから、どうして?」

しつこく問い続けてくるが、
今の美由紀に説明をする気にはなれない。

ある程度の説明をすれば思い出すかもしれないが、
思い出したところで美由紀自身に用はないからな。

あくまでも俺が話をしたいのは米倉宗一郎であって、その娘の美由紀ではない。

直接『あの男』に会って話をしなければ意味がないからだ。

「会って話をする必要がある。それ以上の説明に意味はない」

それだけを答えて歩みを進める俺に、美由紀は別の質問を問い掛けてきた。

「もしかして、父さんのことを何か知っているの?」

「それはどういう意味だ?」

「意味って言うほどでもないけど、わざわざ会って話をしたいって言うくらいなら。何か父さんと関係があるのかな?って、思っただけよ」

関係か…。

あるとは言い難いな。

かつて一度だけ目にしたに過ぎない男だからだ。

それでもあの男は俺達にとって重要な存在であることに間違いない。

「直接会ったことはない。かつて一度だけ見たことがあるという程度の関係だ」

「はあ?たったそれだけなの!?…って、まさかそれだけの理由で父さんを探してるっていうの!?」

驚くと言うよりは呆れているといった表情で俺を見つめる美由紀だが、
その程度の不満を気にするつもりは一切ない。

すでに目的地が判明しているからな。

美由紀にはもう用がないとも言える。

「ただ会いにいくだけだ。問題はないだろう?」

「あるに決まってるでしょう!!」

黙々と歩みを進めながら2階に繋がる階段を登り始めようとしたのだが、
俺を足止めしようとする美由紀は強引に俺の前に回り込んできた。

「わざわざ試合を放棄してまでどんな理由があるのかと思えば、ったく…もうっ!面識もないのに父さんを捜してるなんて…。一体、何を考えているの!?」

全力で怒鳴る美由紀の気持ちはわからなくもないが、
目的を確認するまで邪魔をするつもりなのだろうか?

説明するだけなら簡単だとは思うが、
理解してもらえるようには見えないからな。

結局は何を言っても無駄だろう。

ひとまず道を塞ぐ美由紀を片手で押しのけてから、先を急ぐことにする。

「会って話がしたいだけだ。その先のことは分からないがな」

会ったからといって、
話をしたからといって、
何がどうなるわけでもない。

ただ挨拶をするだけで終わる可能性もあれば、
それ以上の出来事に発展する可能性もあるだろう。

だがそれらは実際に会ってみなければわからないことだ。

「今は話し合うことに意味があると思えばいい」

美由紀を押しのけて階段を登り。

2階へとたどり着いた俺は東側に向かって歩き始めることにした。

だが、その道中でも美由紀の妨害は止まらないようだ。

「ちょっと!待ちなさいって言ってるでしょっ!!」

俺の腕をつかみ取って力付くで足止めを試みる美由紀のせいで、
周囲の注目を集めることになってしまっている。

このままでは埒があかないだろう。

仕方なく足を止めた俺は、美由紀に問いかけてみることにしてみる。

「一応聞くが、何故、俺の邪魔をする?」

「何故って、普通止めるわよ!」

苛立つ美由紀の言い分は分からなくもない。

だが美由紀を納得させる方法がない以上、自ら動くしかないのが現状だ。

「全てを説明しても理解出来ないはずだ。それは今の美由紀を見ていれば分かる」

「えっ!?」

俺の言葉が理解出来ずに戸惑う美由紀の手の力が僅かに緩んだ瞬間に、
美由紀の手を振り払って再び歩きだす。

「ね、ねえっ!!今の私ってどういう意味なの!?」

慌てて追い掛けて来る美由紀の表情からは、
怒りでも戸惑いでもない純粋な疑問が感じられる。

どうやら少しは冷静になれたようだな。

だとしたら。

少しくらいは話してみてもいいかも知れない。

「かつて一度だけあの男を見かけたように美由紀の姿も一度だけ見たことがある。…とは言っても俺は米倉の名前を知らなかったうえに15年上も昔の話だ。そのせいで今日まで気付けずにいた」

「え?15年前?私がまだ9歳の時ってこと?」

「覚えてないか?その年に何があったのかを…。いや、俺の名前を知ってもまだ思い出せないか?」

「9歳の時?天城君の名前?」

情報を与えてみても美由紀はまだ思い出せずにいる。

どうやら本当に俺の存在を忘れているようだな。

「俺の名前を聞いても思い出せないようなら説明するだけ時間の無駄だ。」

美由紀を放置して歩みを進めようとしたのだが、
先を急ぐ俺の前に今度は陸軍の兵士達が立ちはだかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ