挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月14日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

542/4820

覚えた魔術は

《サイド:深海優奈》

はう~。

あっという間に午前6時30分です。

「もう、朝になってしまいましたね」

「ああ、そうだな」

朝日が昇り、外が明るくなってきた頃になってようやく私と総魔さんは部屋の前まで戻ってきました。

色々と学ぶことが多くて徹夜になってしまったのですが、
その分、今まで以上に出来ることが増えたと思います。

新たに覚えた魔術は一つだけなのですが、
応用的な技術は幾つか学べたと思うんです。

そのせいで総魔さんにご迷惑をお掛けすることになってしまいましたが、
総魔さんには気にしなくていいと言っていただけました。

なので。

少しでも先輩達の足を引っ張らずに済むようになれたとすれば努力をした甲斐がありますし、
協力していただいた恩返しの意味も含めて精一杯頑張ってみようと思います。

「開けますね」

総魔さんの前に進んで部屋に入るために緑色の扉に手をかけようとすると、
丁度、朝食を運んできた係の人と出会いました。

「おはようございます。朝食をお持ちしました」

「あ、はい。ありがとうございます」

お礼を言ってからすぐに、急いで扉を開けて係の方々の為に道を譲ります。

「お気遣い、ありがとうございます」

「いえ」

一礼してから室内へと料理を運ぶ係員さん達が通り過ぎてから、
私と総魔さんも部屋の中へと入りました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ