挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月13日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

525/4820

保存食

《サイド:深海優奈》

学園を出発してから何時間が過ぎたのでしょうか?

はっきりとした時刻はわかりませんが、
太陽が真上に差し掛かる頃になってからようやく理事長さんはゆっくりと馬車を停止させました。

「お昼も過ぎた頃だし、そろそろご飯にしましょうか?」

馬車を停めた理事長さんは、
後方に積んである荷物の中から沢山の食料を取り出して室内の中央に並べてくれました。

テーブルも何もない状況で、
食材ごとに箱ごと置かれた状態です。

ここから自由に取っていいということでしょうか?

特に分配されるということはありませんでした。

「味はともかく、お腹一杯にはなるわよ~」

ですよね。

量はすごいと思います。

3日分くらいあるのではないでしょうか?

ただ…。

用意していただいた食料は、
どれも保存食に分類されるような物ですね。

味は期待できそうにありません。

「また同じなの?」

不満を呟く翔子先輩ですが、
それでも手を伸ばしてパンとジャムを手に取っていました。

「毎回毎回、いつも同じだと飽きるわよね~」

愚痴る翔子先輩ですが、
沙織先輩や御堂先輩でさえ苦笑しているように見えます。

もしかしたら、
みなさん同じ意見なのかもしれませんね。

「月に一度のことだから、私はいいと思うわよ。」

「そうだね。これも行事の一つだと思うしかないね」

発言自体は前向きだと思うのですが、
飽きるという翔子先輩の発言自体は否定していませんでした。

なので。

きっと翔子先輩と同じ気持ちなんだと思います。

ですが、ただ一人だけ…

満面の笑顔の北条先輩だけは、
不満なんて感じていないようですね。

「腹が一杯になれば文句はねえ!!」

味は気にならないようです。

次々と手を伸ばして、
ものすごい勢いで豪快に食事をしています。

そのすぐ側で、理事長さんは楽しそうに笑っていました。

「まあ、これはこれで結構食べれると思うのよ?というか、むしろこういう時でもないと食べる機会がないわけだし、貴重な経験だと思うわよ?」

…ということのようです。

理事長さんの話を聞くと、
そうなのかもしれないと思えるのが不思議ですね。

だからと言って、美味しくなるわけではないのですが…。

結果的に次々と食料品は減っています。

それでもまだまだ沢山残っているので、
完食するのは難しそうです。

…と。

色々と考え事をしていると、
翔子先輩が気を使って話しかけてくれました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ