挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月13日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

523/4820

見送り

そして馬車が校門へと差し掛かろうとすると。

「翔子!頑張れよ!!」

突然、私に呼び掛ける声が聞こえてきたわ。

ん?

誰?

理事長の隣に並んで外を確認してみると、
校門の前で大きく手を振っている淳弥あつやの姿が見えたわ。

「あれ?淳弥じゃない。わざわざ見送りに来てくれたの?」

「当然だろ?怪我しないように気をつけて行けよっ!」

心配してくれる淳弥の横で、
里沙りさ百花ももか由香里ゆかりの3人も手を振ってくれている姿が見えたわ。

「みんな頑張ってね~!」

「道中も気をつけて!」

「私の分まで、ちゃんと勝ってきてよ~っ!!」

「任せてっ!!」

それぞれの応援も受けながら、私達は学園を離れたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ