挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月12日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

502/4820

緊急連絡

《サイド:天城総魔》

『コンコンコンコン!!』

扉を叩く音が激しく鳴り響く。

「なんだ?」

会議を中断されたことが気に入らなかったのだろう。

黒柳が扉に視線を向けたことで、
即座に行動した西園寺が静かに扉を開いた。

その瞬間に、慌てて入ってきたのは研究所の職員だった。

「失礼します!」

「どうしたの?」

尋ねる西園寺に対して、職員は姿勢を正してから答えた。

「先程、緊急の連絡がありました。天城総魔さんと御堂龍馬さんを理事長室にお呼びするようにとのことです」

職員の言葉をきっかけとして俺と御堂に視線が集まってしまう。

「僕と彼を?何の用だろう?」

首を傾げる御堂だが、黒柳は思い当たることがあるようだな。

「きみ達の呼び出しなら、おそらく大会についての話だろう。今の状況でそれ以外は考えにくいからな」

「ああ、なるほど」

黒柳所長の言葉を聞いて納得した様子の御堂が静かに席を立った。

「行こうか」

「ああ」

御堂の誘いによって、俺も席を立つことにした。

「検証が中断してしまったな」

「ははっ。そうだな。だがまあ、美由紀の呼び出しなら仕方がない。続きは後程でいいだろう」

「ああ、そうだな。」

時間はある。

無理に急ぐ必要はないだろう。

「その間に俺達は休憩させてもらうから、きみも気分転換だとでも思ってゆっくりしてくればいい」

気分転換か。

そうだな。

少しくらいなら休憩を挟むのも良いと思う。

「またあとでくる」

帰ってくる時間は何時でもいいと言ってくれた黒柳達に別れを告げてから、
御堂と共に理事長室に向かうことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ