挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

498/4820

とびきりの笑顔

「はぁ。これが私の限界なのかな~?」

「う~ん。どうかしらね」

ぼやく私を見て、沙織はいつものと変わらない微笑みを浮かべてる。

「諦めてしまえばそこで終わりよ。だけど諦めなければ希望は残り続ける。それを…そのことを彼は教えてくれたはずよね?」

あ~、うん。

まあ…ね。

最後まで諦めないこと。

その気持ちを持ち続けること。

それは総魔自身が実証して、証明してきた事実よ。

頂点を目指して力を追求してきた総魔が自ら証明してきた心の強さ。

それが諦めない気持ち。

その気持ちだけは何があっても忘れてはいけないわ。

「私にも出来るかな~?」

「どうでしょうね。それは翔子自身が証明するべきことだから。私は何も言えないわ」

う~ん。

それはそうなんだけどね~。

まだまだ自信が持てないのよね~。

なんて。

そんなことを考えてる間に時間が来ちゃったようね。

「着いたわよ」

足を止める沙織の視線の先を見てみると、
目の前に通い慣れた沙織の家があったわ。

ふう…。

もう着いたのね。

考え事をしている間に、
いつの間にか結構な時間が経ってたみたい。

「入るわよ?」

「え?あっ、うん」

玄関の扉を開けようとする沙織に駆け寄ってみる。

私に声をかけてから扉を開いた沙織は、
そのまま玄関に入って行ったわ。

「ただいま」

「あっ!おかえりなさい!」

沙織の声にすぐに反応する成美ちゃん。

いつものように奥の部屋から姿を見せてくれた成美ちゃんに私も声をかけてみる。

「成美ちゃん、こんばんわ!」

「翔子さん♪」

とびきりの笑顔ね。

今日も成美ちゃんの体を思いっきり抱きしめちゃったわ。

「可愛い~」

「あぅぅ…。」

照れる成美ちゃんが可愛くて、
ぎゅ~っと成美ちゃんを抱きしめちゃう。

でもね?

「…翔子」

冷ややかな沙織の声が聞こえちゃったから、
しぶしぶ成美ちゃんから手を放して離れる。

「ごめんね、沙織」

毎日のように怒られるわね…。

玄関先でじゃれるのはそろそろ止めるべきかもしれないわ。

そんなことを考えながらも、家の中へと歩みを進めてく。

「とりあえず中に入ろっか?」

「はい!翔子さん、一緒にご飯食べよ♪」

「うん。おっけ~」

成美ちゃんと一緒に食卓に向かってく。

その後ろを歩く沙織。

うんうん。

成美ちゃんと過ごすこの時間が私の心を癒してくれるのよ。

でもね?

はぁぁぁ…。

一日って何でこんなに早いのかな~?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ