挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

497/4820

4位

「まだ終わったわけじゃないんだけど…」

個人的には頑張ってるつもりなんだけどね。

「でも…。何て言うかさぁ。」

私にはまだ最大の悩みが残っているのよ。

「結局私って4位から上がれてないわよね?」

「ふふっ。そうね」

私の嘆きを聞いて、沙織は苦笑いを浮かべていたわ。

「安定の4位よね」

「う~ん」

それってどう考えても良い意味じゃないわよね?

何度も何度も生徒番号を思い浮かべながらため息を吐いてみる。

結局ね。

生徒番号4番なのよ。

出直しても、出直さなくても、結果は同じなの。

以前は龍馬が1位で、
真哉が2位で、
沙織が3位で、
私が4位でしょ?

今は総魔が1位で、
龍馬が2位で、
優奈ちゃんが3位で、
私が4位なのよ。

一応、沙織と真哉には試合で勝ったんだけど。

結局のところ番号自体は4位から上にはなってないわ。

実力がどうかに関係なく、
成績だけは今も昔も変わらないのよ。

でも、ね?

今よりも番号を上げるためには優奈ちゃんに勝たなきゃいけないのよ。

だけど優奈ちゃんに勝てるかどうかなんて果てしなく疑問よね?

…って言うか。

試合では絶対に勝てないと思うわ。

魔術が通用しないどころか、
吸収されちゃうわけだしね。

単純にルーンで殴り飛ばすとかなら勝てるかもしれないけど…。

さすがにそれはちょっと…。

女の子同士でやりたい試合じゃないわよね?

痛々しいというか何ていうか…。

これが全くの他人だったらそれもありだとは思うんだけどね。

だけど優奈ちゃんはもう友達だし。

そもそも優奈ちゃんを叩きのめす姿を総魔に見られたくはないわ。

そんな乱暴な姿を見せちゃったら、きっと嫌われちゃうと思うからよ。

そんなの絶対に嫌。

総魔に嫌われるくらいなら優奈ちゃんに負けたほうがまだましなのよ。

…かと言って。

学園最強と呼ばれてた龍馬に勝てるかどうかなんて考えるだけ無謀だと思うわ。

まあ、優奈ちゃんを相手にするよりは勝てる可能性があるとは思うけど…。

100%負けるか、99%負けるかの差だと思うのよね。

現状、私の上にいる二人に対して、勝ち上がれる自信なんて全くないわ。

どんな魔術も意味を為さない優奈ちゃんに、
どうすれば勝てるのかなんて想像もつかないわよね?

実際に戦ってみないことには分からないんだけど、
普通に考えれば勝ち目なんて一切ないわ。

それは龍馬も同じだし、総魔だって同じだと思う。

一体、誰なら優奈ちゃんに勝てるの?って疑問に思うからよ。

だからと言って優奈ちゃんを無視して龍馬に試合を挑んだところで、
確実に勝てる自信なんてどこにもないし…。

あっさりと負けるようなぶざまな試合にはならないと思うけど、
それでも楽勝で勝てるような相手なんかじゃないわよね。

せいぜい奇跡的な接戦か、明確な大差で私が負けると思うのよ。

それが私の予想なの。

そして最終的に何よりも考えるべきことは総魔に勝てるかどうか?っていう部分よね。

一応、対総魔用の魔術も考えてはいるけど。

どこまで通用するのかは果てしなく疑問を感じているわ。

さすがに無意味とまでは言わないけど。

どんな攻撃を考えてもその上を行ってしまうような気がするから、
とても試合を挑む気にはなれないのよ。

まあ、そうは言っても基本的に総魔に挑戦するつもりはないんだけどね。

だから総魔に次いで2位になること。

それが今の私の目標と言えるわ。

だけどその為には龍馬に勝たないといけないわけなんだけど…って感じで、
思考が一回転してる状況なのよ。

結論がでないまま、ただただため息が尽きることがないわね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ