挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

496/4820

思い返してみると

《サイド:美袋翔子》

ん~。

もうすぐ夜だけど。

町はまだまだ賑やかね。

周囲を見渡してみれば、
夕食の準備に取り掛かる主婦や遊び疲れて家路につく子供達の姿が見えるし。

これから本格的に仕事が始まる飲食店なんかは、
とっても良い匂いを漂わせていたりするわ。

その匂いに誘われてお店に入っていく人達も結構いるみたい。

ひと仕事終えた人達の一日の終わりって感じよね。

この光景って結構好きだったりするわ。

子供の頃は夕方って何となく寂しく感じていたんだけど。

成長するにしたがって、
自由な時間が近づいてきてるって思うようになってきたからよ。

だからと言って夜遊びをするほどのお金はないし、
親に迷惑をかけるようなことをしたいとは思わないけどね。

せいぜい沙織の家に行って成美ちゃんと遊ぶくらい?

それくらいなら、問題ないわよね?

あとはまあ、
沙織の家に続く歩き慣れた道をたわいもない話をしながら歩く道中とかかな。

沙織と二人きりのこの時間は、
私にとって安らぎの一時でもあるのよ。

「さすがに今日は疲れたわね~」

呟きながら今日一日の出来事を振り返ってみる。

朝から真哉と試合をしたでしょ?

お昼前には沙織とも試合をしたでしょ?

昼食はだらだらと満喫してたけど。

そのあとは図書室で勉強会なのよね~。

う~ん。

思い返してみると、後半はだらけていただけのような気がするかな?

ううん。

そんなはずはないわ。

ちゃんと優奈ちゃんと悠理ちゃんも面倒を見てたわけだし。

たぶん、それは、きっと、気のせいよ。

私はだらけてないわ。

ちゃんと努力してたはず。

そんなふうに無理やり思い込むことにしてから、
改めて沙織に話しかけてみることにしたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ