挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

495/4820

間に合うだろうか?

《サイド:御堂龍馬》

ふう。

これで今日の仕事は終わりかな?

軽く息を吐いてから席を立つ。

そして時計に視線を向けてみると、
すでに6時30分を過ぎていた。

「思っていたよりも時間がかかったね」

呟きながら室内を見渡してみるけれど。

今日も会議室には僕以外誰もいない状況だ。

淳弥達はすでに帰ったあとだからね。

ひとまず戸締まりを確認してから会議室を出てみる。

遅くなってしまったけれど、
今から行っても間に合うだろうか?

そんな疑問を抱えながらも、
目的の場所に向かって歩きだす。

向かうべき場所はルーン研究所だ。

実験は今も続いているのだろうか?

彼はどんな実験をしているのだろうか?

その内容を知りたいと思ってる。

日も暮れ始めた夕刻。

僕は研究所に向かって歩きだすことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ