挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

493/4820

候補が多すぎて

…さて、と。

「そろそろ、夕食の時間だね」

時計を見ながら話しかけてみると、
悠理ちゃんはお腹に手を当てながら微笑んでくれました。

「そだね。お腹すいたかも」

「うん。じゃあ、食堂に行こ」

「おっけ~!」

満面の笑みを浮かべる悠理ちゃんと一緒に食堂に向かうことにしました。

「今日は何にする?」

「ん~。温かいのがいいかな~?」

「温かい食べ物…?」

何があるでしょうか?

思い浮かばないというよりは、
候補が多すぎて絞り込めないという感じです。

「他には?」

「ん~。二人で分けられそうなやつ?」

え~っと…。

曖昧すぎてどう答えればいいのか悩んでしまいますね。

「行ってから考える?」

「まあ、結局、そうなるのよね~」

…ですね。

毎回、食堂に着いてから考えてる気がします。

それでも私達は夕食の話をしながら、食堂に向かって歩き続けました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ