挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

488/4820

支払い

《サイド:深海優奈》

午後の日差しが暖かな昼下がりに、
私達は学園の中庭へと移動しました。

ここにもすでに多くの学生さん達が集まっているのですが、
食堂に比べれば、かなり少ないほうだと思います。

それでも敷地面積が広いので、
数百人は集まっているかもしれませんね。

そんな中で、翔子先輩は沙織先輩と並んで人の少ない場所を探して歩いています。

私と悠理ちゃんは先輩達のあとを追いかけているのですが、
しばらく歩いていると、
翔子先輩は綺麗なお花が沢山咲いている花壇の側で足を止めました。

ここは複数の木のテーブルが並ぶ休憩所です。

屋根もあるので日差しが眩しいということもありません。

すでに沢山の女子生徒が食事をしたり休憩したりしているようですが、
一つだけテーブルが空いているのが見えますね。

「ここでいいかな?」

テーブルを確保した翔子先輩が、
買い込んできた沢山のパンをテーブルの上に並べ始めました。

「一杯買ってきたから、沢山食べてね~」

うわ~。

一体、幾つあるんでしょうか?

「あらあら、随分ずいぶん沢山買い込んだのね」

テーブル一杯に並ぶパンを眺めながら、
沙織先輩は呆れた表情を浮かべています。

ですが翔子先輩は満足気でした。

「足りないより、マシでしょ?」

それはまあ、そうかもしれませんが…。

こんなにも沢山のパンがテーブル一杯に並ぶ光景は今まで見たことがありません。

これを全部食べきることは出来るのでしょうか?

ちょっぴり疑問を感じてしまったのですが。

全てのパンを並べ終えた翔子先輩は、
笑顔のまま椅子に腰を下ろしています。

その隣に座る沙織先輩は呆れ顔のままでしたが、
翔子先輩の向かい側に座った悠理ちゃんはとても楽しそうにパンの数を数え始めました。

「1…2…3…4…」

まだ数え始めたばかりです。

「5…6…7…8…」

まだまだありますね。

「9…10…11…12…」

とても多いです。

「13…14…15…16…」

どこまで続くのでしょうか?

「…17…18…19…20!」

丁度20個のようですね。

「すごい量」

「だね~」

頷いてくれる悠理ちゃんと笑い合いながら、
私は悠理ちゃんと翔子先輩の間に座りました。

翔子先輩を始めとして、時計周りに沙織先輩、悠理ちゃん、私の順番です。

ひとまずこれで準備が整ったように見えたのですが、
翔子先輩はまだ袋の中に何かを詰め込んでいるようですね。

「じゃじゃ~ん!」

機嫌よく取り出した荷物の中から、
翔子先輩は4人分のお茶を取り出してくれたんです。

「はい!どうぞ~」

「「ありがとうございます」」

お茶を配る翔子先輩から私と悠理ちゃんは素直に受け取ったのですが、
沙織先輩は財布を取り出していました。

「お金…」

パンとお茶の代金ですね。

沙織先輩が財布を取り出したのを見て、
私と悠理ちゃんも慌てて財布を用意しようと思ったのですが…。

「いいの!いいの!」

沙織先輩の言葉を遮った翔子先輩は笑顔でお金を断っていました。

「これくらい大したことじゃないし。それに今日はみんなにお世話になったしね~」

全部、おごりだと言ってくれたんです。

うう~。

良いんでしょうか?

いつもいつもお世話になっているのは私のほうだと思う気持ちがあるせいで、
とても申し訳ない気持ちになってしまいます。

ですがせっかくの翔子先輩のご好意を無駄にするわけにもいきません。

個人的にはかなり心苦しい部分があるのですが…。

恩返しの機会はいつでもあると思いますので、
今は素直に感謝したいと思います。

「ありがとうございます♪」

「いえいえ、どういたしまして」

笑顔を浮かべる私を見て微笑んでくれる翔子先輩に。

「ありがとうございますっ!!」

悠理ちゃんもお礼を言っていました。

そして嬉しそうにパンを眺めています。

「どれでもいいんですか?」

「いいわよ~。どれでも好きなだけどうぞ」

「「はいっ!!」」

翔子先輩に薦められたことで遠慮せずにパンに手を伸ばす悠理ちゃんに続いて、
私もパンを頂くことにします。

特に食べれないというものはありませんので、
一番近くにあるパンを手に取りました。

「「いただきますっ!」」

「ふふっ」

両手でパンを持って食べる私と悠理ちゃんを見て、
翔子先輩は楽しそうに微笑んでくれています。

私は一人っ子なので兄弟も姉妹もいませんが、
もしもお姉ちゃんがいるとしたら、こんな感じなのでしょうか?

嬉しいような、恥ずかしいような、不思議な気分です。

ですが、その眼差しがとても幸せに思えました。

翔子先輩が側にいてくれるだけで、すごく安心できるんです。

だからもしも叶うのなら、
これからもずっと翔子先輩とお友達でいたいです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ