挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

483/4820

新たな4強

《サイド:御堂龍馬》

沙織と翔子の試合が終わってしまった。

疲れた表情を見せる翔子も限界が近いようだね。

底を尽きかけの魔力が、
沙織の強さを物語っているようにも思える。

だけど、結果は結果だ。

翔子が勝利して沙織が敗北した事実はくつがえらない。

これで翔子の成績は昇格することになる。

現時点で4位だ。

彼が1位で僕が2位。そして深海さんが3位で翔子が4位になった。

これで良かったんだろうか?

沙織は負けてしまった。

翔子の昇格に不満はないけれど。

沙織が負ける姿を見て喜ぶことなんて僕にはできない。

だから今は…。

両手で抱き抱える沙織に視線を向けてみた。

沙織。

きみはこれで満足なのかい?

翔子に負けても悔しくないと沙織は言っていた。

だけど…。

本当にそうなのかな?

本当にこれで良かったのかな?

僕には分からないけれど。

話を聞きたくても魔力が底をついたことで昏倒してしまった沙織は当分目を覚まさないだろうね。

それでも肉体的な被害があまり見られないだけまだマシなのかな?

翔子にしても多少の手加減はしていたのかもしれないけれど。

沙織の負傷は軽傷程度だと思う。

全くの無傷とは言えないけどね。

翔子の攻撃のほとんどを相殺することには成功していたようで、
致命傷と言えるような怪我はないようだ。

この程度なら僕達でも十分対応出来ると思う。

そう考えながら、僕は翔子と共に試合場を離れることにした。

そしてそのまま会場を出ることにしたんだけど…。

医務室に戻ろうと考えながら歩く途中で翔子にこっそり視線を向けてみる。

つい数日前までは、真哉どころか沙織にも勝てなかったはずなんだ。

それなのに。

彼と出会って新たな力を手に入れたことで、
翔子は驚くほどの勢いで成長してしまった。

そのことで正直に思うことがある。

今なら…。

今の翔子なら僕とでさえも互角の試合が出来るかもしれない、ってね。

そう思わざるをえないほどに翔子は強くなっているんだ。

彼と優奈さんを別とすれば、
間違いなく翔子と僕が頂点を争いあうことになるだろうね。

だから。

今はもう翔子の実力を認めなければいけない。

翔子は強い、ということを…ね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ