挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

474/4820

今日は

《サイド:天城総魔》

翔子も成長しているようだな。

北条との試合の全てを見れたわけではないが、
終盤の翔子の活躍は見届けることができた。

それだけでもわざわざ見に行った価値はあったと思う。

寮の前で御堂と別れたあとで一度自室に戻った俺は、
朝食を食べてから仮眠をとろうと考えて食堂に向かっている途中だったのだが、
食堂に向かう途中で強力な魔力を感じたことで様子を見る為に会場へ向かうことにした。

そして会場に入って確認してみると、
翔子と真哉の二人が試合を行っているのが見えた。

どういう理由でそうなったのか知らないが、
おかげで面白いものが見れたと思う。

翔子は確実に強くなっている。

そして優奈も供給の理論を理解しただろう。

それらを確認出来ただけでも十分だったと思う。

北条もしばらくすれば動けるようになるはずだ。

俺がとどまる必要はないと考えて会場を離れることにした。

普段ならそのまま合流するところだが、
今日は翔子達と合流するつもりはない。

二日間まともに寝ていないという理由もあるが、
休める時に休んでおかなければ実験そのものに支障をきたしかねないからだ。

体を休める為に少しでも早く自室に戻るべきだと判断した俺は、
一人で行動することを選んで早々に食堂に向かうことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ