挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

472/4820

治療方法

《サイド:深海優奈》

試合終了後。

倒れた翔子先輩に急いで駆け寄りました。

「翔子先輩っ!翔子先輩っ!!」

何度も何度も呼び掛けてみたのですが、
翔子先輩は目を覚ましません。

倒れた時に側に落ちたはずのルーンもすでになくなっています。

完全に魔力を失った翔子先輩は、
どれだけ呼び掛けても目を覚ます気配がありませんでした。

「沙織先輩…。」

不安になって呼び掛けてみたのですが、
沙織先輩は北条先輩の治療に集中していて私の声が聞こえていないようです。

「どうしよう、悠理ちゃん」

「う~ん」

悠理ちゃんは唸りながら困った表情を見せていました。

良い方法が思い浮かばないようですね。

私達にはどうすることも出来ないようです。

翔子先輩を抱き起こしてから沙織先輩に歩み寄ってみましたが、
沙織先輩は真剣な表情で北条先輩の治療を続けています。

さすがにこの状況で沙織先輩に話しかけるわけにはいきませんね。

ひとまずどうするべきでしょうか?

戸惑い悩む私の隣で…。

「あっ!優奈!」

悠理ちゃんが何かを思い出したようです。

「どうかしたの?悠理ちゃん」

「魔力!優奈が翔子先輩に魔力を分ければいいんじゃない!?」

え?

私の魔力を翔子先輩に?

一応、総魔さんが魔力の回復をしているのは何度も見たことがあります。

総魔さんは『魔力の供給』と言っていましたが、
それは総魔さんだから出来ることであって私は一度も試したことがありません。

「やってみなよ、優奈!やれば出来るかもしれないじゃない!」

笑顔を浮かべながら期待してくれる悠理ちゃんですが、
私には自信がありません。

そもそも吸収の能力を理解出来ていないのに、
真逆の供給が出来るのでしょうか?

不安を感じてしまいますが、
ここで悩んでいても解決しないので一度試してみることにしました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ