挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

468/4820

会場の角

《サイド:美袋翔子》

試合場E-5。

検定会場内で最も角に位置する場所に、私と真哉の試合場が用意されたわ。

たぶん、これは会場の被害を最小限に留める為でしょうね。

ここなら派手に暴れても周りへの被害は最小限に抑えられると思うわ。

何気なく視線を向けてみる。

その先にはね。

昨日、龍馬と真哉が破壊した試合場が今もそのまま残されているのよ。

『立入禁止』扱いで封鎖されてる試合場。

その二の舞になることを考慮して、
私と真哉の試合は会場の一番奥の人気ひとけの少ないところが選ばれたんでしょうね。

まぁ…。

私としてもその判断は正しいと思うわ。

今の所、この会場ではまだ『アルテマ』を使ってないけれど。

使えば確実に試合場が崩壊するからよ。

そう考えれば、端に追いやられたことは、私にとっても都合が良いの。

真哉と向かい合う私の試合。

当然のように審判を望む人はいなかったわ。

こういう時は沙織が適任かな?

そう思って沙織に視線を向けてみる。

「………。」

視線を受けとった沙織は、無言で試合場に歩みを進めてくれたわ。

「一応、言っておくけれど、二人とも無茶はしないでね?」

う~ん。

私としてはそんなつもりはないけど、
結果的にはそうなっちゃうかも?

とりあえずは心配そうに願う沙織に微笑みを返して、開始の合図を待つことにしたわ。

「準備は良い?」

尋ねてくれる沙織だけど。

今更試合を止めるつもりはないし。

私と真哉は無言で頷く。

「それじゃあ 、始めるわよ」

右手を掲げた沙織の手が、静かに振り下ろされる。

「始めっ!!」

試合開始を宣言すると同時に後方に下がる沙織。

私と真哉はその場に留まったままで、互いにルーンを発動させたわ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ