挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
THE WORLD 作者:SEASONS

4月11日

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

466/4820

誰も知らない

《サイド:美袋翔子》

優奈ちゃんと悠理ちゃんが加わって、5人で向かう検定会場。

もちろんここは第1検定試験会場よ。

何となくだけど、
最近、よくここに来てる気がするわね。

昨日の午後にも幾つかの試合をしてたんだけど。

全試合を勝ち進んだ今の私の生徒番号は13番よ。

出来ることならもう少し成績を上げたかったんだけどね。

残念なことに一桁の生徒は一人も現れなかったのよ。

で、まあ、今に至るわけなんだけど。

対する真哉の生徒番号は龍馬と入れ代わって105番ね。

単純な番号だけで見れば私の方が圧倒的に上よ。

だけど2番から落ちただけの真哉の実力は105番に収まらないはずよ。

龍馬と試合をしていなければ2番のままだったんだから、
まだ私の方が番号が低いと考えるべきでしょうね。

でも、ね。

それでも真哉に負けるつもりなんてないわ。

まだ誰も私の力を知らないから、
私を弱いって思ってるかもしれないけどね。

私の実力だってすでに13番で収まる程度じゃないのよ。

私の実力はこの程度じゃないの。

一応、淳弥だけはアルテマを経験してるけれど、
他の誰も私の力を知らないでしょうね。

ルーンに関して言えば、
淳弥や龍馬に実物は見せたことがあるけれど。

その力までは見せていないわ。

だから、ね。

沙織も…
真哉も…
龍馬も…
総魔も…

誰も私のことを知らないの。

知っているのは私に負けた生徒だけ。

その中でも私の全力を目にしたのはごく少数でしょうね。

私はね。

たった一人で戦い続けて、
たった一人でここまで勝ち上がってきたのよ。

だからみんなはまだ知らないはずなの。

私の本当の実力を、ね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ